人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 27日

予言者じゃないですが・・・ 涙が出ました

 私は霊感もなければ予知能力もありません。
 平凡な野次馬根性の旺盛な雑学の徒です。
 その積み上げから単純に予測するだけなのですが、結構当たったりします。
 それも、悪い方の予想が・・・

 25年も前から騒いでいた「東南海・南海地震」は近年世の常識になって来ましたし・・・
 同じく、40年以上前から言ってきた「原発事故は起きるし人知では対処出来ない」も現実に起きちゃったし・・・
 「田舎の土地は価値がなくなる」これも急に国まで言い出しました。
 こんなのって、一寸考えればわかることなんですよね。
 考えない人が多いし、考えても怖い話なので政治家や経済人は口にしません。

 「花火の日に地震があったら・・・」
 以前にここに書きましたし、議会の一般質問でもやりました。
 確率は一年一年高くなっているのです。
 「30年館に起きる確率」で学者は言います。
 私が質問して3年以上です。
 一割ほど確率が上がっています。
 一番小さな予測でもほぼ木本の浜は津波で覆われます。
 つまり、浜の観客で逃げられなかった人は全員沖に持って行かれます。
 奇跡が起きた人以外は死にます。
 なのに、目をつぶったままです。
 地震から最短4分で第一波が来ます。
 目一杯余裕を見ても、揺れが止まって10分ほどです。

 一般質問した時の市の対応は・・・
 「警報が出たら放送します!」と、胸を張りました。
 「放送と同時にパニックになり、出口の樋門の所で大勢が圧死しますよ。私は家の二階でその地獄の叫びを聞く羽目になるのですが・・・」と、私が言っても反応なしなんです。
 市が言うほどには観客は居ませんが・・・
 多い年で、ほぼ、10万ほどでしょうか?
 現実に津波が来た時、逃げられるのが2000人として・・・残りが沖へ・・・

 津波が来なかったとして・・・
 6箇所のゲートと一箇所のスロープと一箇所の階段
 そこに集中した人のなかで明石陸橋のように圧死する可能性のある人は、桁違いに多いでしょう。
 こんなの計算したら叱られるかも知れませんが、一箇所10人で済んでも80人なんです。
 津波が来なくてもサイレンが鳴って「津波警報が出ました。速やかに浜から出て下さい!」と放送が流れたら・・・
 整然と歩くはずもないし、歩いたのでは全部出るのにほぼ一時間なのです。

 それでも花火はやらなくてはならないのですから、お客さんに知っておいて貰わないと・・・
 そして、主催者が保険を掛けないとね。
 10万人分の障害、生命保険です。
 保険会社が掛けさせてくれるのでしょうか?
 「ロイズ」なら可能かも・・・
 
 これ・・・
 冗談では無いのですけどね。

 今、市民向けに、これよりひどい施策が打たれようとしています。
 「段々悲しくなります」という記事を書いたすぐ後に、表面化しました。
 悪い予感はしていたのですが、そこまでとは・・・

 聞いた時・・・
 本当に涙が出ました。
 悔しいのか悲しいのかわかりませんでした。

 もうすぐ書きますが、熊野市民はかわいそうです。
d0045383_18111971.jpg


  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
  
    
熊野市周辺地図です
  

by je2luz | 2015-02-27 18:15 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21591458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 能登・輪島      熊野の旅 久々の朗報です 鬼ヶ... >>