LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 14日

熊野の旅 世は全てことも無し・・・では無いようです。

 熊野市は田舎です。
 一見、平和そうな田舎です。
 でも、そうでも無いんですね。
 世間並に事件は起きます。

 古い所では「木本事件」「猟銃立てこもり」なんてのがあったし・・・
 「虐待」「保護遺棄」「オレオレ詐欺犯人」「オレオレ詐欺被害者」・・・
 昨日も詐欺の電話が掛かったとかで、熊野警察署が広報で放送していました。
 人口18000人でも老人が多いのですから、ターゲットのなる人の率は高いんですよね。
 「田舎でノンビリ・・・」と言うのも難しくなったのでしょう。
 お年寄りでも携帯電話持っているし・・・
 皆さんATMなんかも使えるようですしね。
 銀行など、なるべく窓口に来させないようにしたのですからね。

 おまけに、この辺りは、「東海」「東南海」「南海」そして三つ連動の「南海トラフ」の地球が壊れるほどの地震の震源地群のそばなんです。
 70年ほどは無事に済んできましたが、台風と違い、「確実に来る」のだそうですからね。
 私の余命は10年から20年・・・
 その間に起きる確率は?
 長く生きれば、1/2位で遭遇するのでしょうね。

 今年度で木本堤防はほぼ完成です。
 浜への階段は出来ています。
 春には樋門を閉めたいですね。
 全国でも数少ない「いつでも浜に出られる堤防」なんです。
 つまり、「いつでも津波が入ってくる」堤防なんですね。
 本当は怖い話なんです。
 なのに、樋門はまだ開いています。
 「地獄少女」じゃないですが・・・
 「一回死んでみる?」なんて、ジョークにもならないのに、ピンと来ない人も居ます。

 台風の高波対策はほぼ出来たし、原発は葬り去ったし・・・
 それでも「津波」には無力です。
 100年に一回とかなら大丈夫でも、1000年2000年に一回となるとねえ・・・
d0045383_2346167.jpg

 すっきり澄み渡った空より、こんな風な空の方が話題には合いますね。

 地震はこのブログが仕上がる前に起きるかも知れません。
 揺れたら、最短、4分でこの堤防に津波がぶち当たるのだそうです。
 揺れるのが1分から3分・・・
 残り時間は3分から1分・・・
 いちばん近い我が家のこの部屋からでも、樋門を閉めるのに4分掛かります。
 揺れているうちに出ないと間に合いません。
 なのに・・・
 「消防団が閉めてくれる」なんて、思い違いしている人も意外と多いんです。
 やっぱり・・・
 「一回死んでみる?」の世界かも・・・
 まあ・・・
 近所で樋門を閉めに行ける人は居ないんですけどね。

  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
      

by je2luz | 2015-02-14 04:20 | 熊野 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21555556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by wankoya at 2015-02-14 08:08 x
おはようございます
ついさっき「ウィチュ~」(NHK)で津波の入ってくる堤防が映ってましたよ!
「この階段を上がって堤防を越えると・・・熊野灘!」
みたいな良識ある放送を働きかけるのが手かもしれませんよ


<< 熊野の旅 修理か点検か? 木本...      熊野の旅 紀和 湯ノ口温泉 再... >>