LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 29日

熊野の旅 熊野市議会町へ

 昨年末、熊野市議会の議員団は二つに分かれて、二木島町と育生町へ懇談会という形で出向きました。
 初冬で少し寒い時期の夜だというのに、両会場共に30名ほどの出席があり、そこそこ好評でした。
 議員、議会というものはとさんの提案権や施策の決裁権が無いので、出向いても、即答が出来ないことが多いので、住民の方々も議員たちも少しばかり消化不良になるのは制度上仕方ない面があります。
 しかし、こうして出向かないと中々市民の方型との対話も無いのが実情です。
 私は、機関誌を6500部発行し、そのうち3000部あまりをポスト入れして市内を歩くので、かなりの皆さんと声を交わすこと出来るのですが、それでも、限られた範囲になってしまいますね。
 普段の買い物などを含め、皆さんとの触れ合いの機会は一番多いと自負はしていますが・・・
 支持団体とか地区推薦とかありませんから、全く個人の触れ合いですからね。
 各種団体のえらい人との公式、準公式なんて接触は少ないですね。
 私のポリシーも「普通の市民の代表であれ」ですからね。

 前回の対話集会の後で、二班体制ではこの広くて複雑な熊野市内をカバー出来ないだろうと言うことになり、4・5・5の三班編成にしました。
 旧町村単位で12になるほどの所ですし、同じ村でも分けないとカバー出来ない所もありますから、25~30ほどの会場で行う事になると思います。
 人口が多くて分けないと・・・なら良いのですが、地形的に集まって貰いにくい・・・と言う事です。
 一村2~3箇所になる所が多いです。
 鳥羽市などは離島だらけですからここより大変だと思います。
 夜に島に渡っちゃうと泊になるとか・・・
 それに比べればここは楽なものです。
 熊野市は有人の島は一個もありません。

 4月に県知事選と県議選がある予定なので、それ以降に動くことになると思います。
 私は4名のA班所属です。
 久保・山田・山本・中田の4名です。
 どこへ行くかとかも未定です。
 議員たるもの、どの地区に行っても一応の対応が出来なくてはなりませんし、開催地が決まってくれば、3班でくじ引きにでもなるのでは無いでしょうか?
 大選挙区制ですから本来、「〇〇地区の議員」は無いのですからね。

 今の所、A/B/Cの編成と4月以降に動くと言うことしか決まっていません。
 二年あまりで動きますので、場所も順番も未定です。
 決まってくれば、順次発表して行きます。

 この活動は、委員会を設置して動くというような、公式の物ではありませんが、議会として、準公務ですね。
 それと、基本的には個人の見解・意見などを展開する場所でも無いし、時間もありません。
 私個人は「清流」を今まで28号まで出していますし、これからも発行を続けて、市の行政内容を報告し、持論も展開して行きます。
 必要でしたら、市議・中田征治として、お近くまで出掛けて行きますよ。
d0045383_2222555.jpg



   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
      

by je2luz | 2015-01-29 04:41 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21513184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 地球は硬いよ 万町岩盤      熊野の旅 春のお綱かけ 花の窟神社 >>