LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 17日

熊野の旅 確か聞きましたよね

 役所の年度は、4月1日から翌3月31日までです。
 事業はそれまでに終わることになっております。
 だから、工事完成予定は2月末からせいぜい3月20までです。
 完成検査と手直しもありますからね。
 そして、金の動きだけは「会計閉鎖」という別の期日があります。
 年度末まで掛かった工事を31日で精算出来ませんからね。
 これが5月末です。
 これを利用して、事業までずれ込ませてたりしていますが、これは本来の形では無いでしょう。

 予算というのは、その年度内で使う事になっています。
 なあなあでいつまで掛かっても良いのではありません。
 当年度内で終わらない事情が生じた時には「繰越し明許」という制度を使って、きちんと手続きをして次年度に予算を繰越し、事業も繰り越せます。
 でも、何でも繰り越せば良いものではありません。
 開くまでも予算は「当年度主義」ですからね。
 継続事業でも年度ごとの区切りはあります。
 そして、「繰越しは翌年度まで」が原則です。

 以前(6月議会)の一般質問で正したように。熊野市の事業で、駅前の電柱を無くす「電線地中化事業」は当初から12号台風の災害で躓いて、何もしないままで予算を繰り越しました。
 そして、翌年度にも繰越し明許以外の当年度予算も組んだのですが、消化出来ませんでした。
 この計画自体が無駄な事業なのでずっと反対してきか結果、当初計画を大幅に短縮して終了することになって居るのです。
 ここまでは良いのですが、今年やって居る工事費は繰越し明許費が入っています。
 この分は、今年の3月末に終わらなければならないはずなのです。
 これを、一般質問で問題化した時、「大丈夫です。終われます」と胸を張ったはずなのですが・・・
 もう、1月中場なのにまともに進んでいませんね。
 まるで、焦る様子も無し・・・
 「どうせわかるまい」と、たかをくくっているのでしょうかね?
 このままだと。「国民として」放置出来なくなりますね。
 熊野市の恥でも、国の制度を曲げちゃあならんでしょう。
 「不発弾が出て来た」とか、「遺跡が出て来た」なんてことはありませんからね。
 工事しない(出来ない?)だけなんです。
 根回し不足だったとしても、言い訳にはならんでしょう。

 私としては、公式に「期日内に間に合うか」と半年余って余裕を持って正したのですから、「そうかい。そうかい、間に合わんかい・・・」と笑ってみているわけには行きませんね。
 熊野市議であり、日本国民ですからね。
d0045383_22115431.jpg

 まさに、「お手並み拝見!」です。
 駅前広場の時も根回し不足+状況を舐めた結果、工事が止まったんですよ。
 同じ体質のままで何もかもやろうとするので焦げることが増えます。
 ここは独裁国家じゃ無いですから、一般市民も結構強いのです。

 学歴や肩書きより誠意の方が通じることが多いと言うこと・・・
 解らない人には解らないのかなあ???
d0045383_2216632.jpg

 この話題・・・
 ベールに包んでいるので、経緯を知る人で無いと理解しにくいかも知れませんね。
 平成24年6月定例会、私の一般質問に、この問題を取り上げています。
 熊野市のHPから議会の議事録などは見られます。
 議会の一般質問一時間を逃げ切れば終わりという物ではありません。
 責任ある答弁であり、議事録は永久保存です。
 
 うまく納まらなかったら、責任を業者に負わせるつもりじゃあ無いでしょうね。
 近年は平気でそれをやって居るようですから・・・
 勿論、職員の尻尾切りも・・・

    
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
    

by je2luz | 2015-01-17 04:27 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21480460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 こちらは順調らしい ...      この週末は何も無いのかな? >>