人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 15日

熊野の旅 産田神社一月例大祭 3

 産田さんの祭りの出し物二つを紹介しましたが、例大祭の神事は近在の神主さんが揃っての大きな神事です。
 産田神社・花の窟神社・大馬神社はこの辺では格の高い神社ですからね。
 でも、木本神社のように「町」を抱えているわけでは無いので、祭りへの参拝者は多くないです。
 他所から参拝者や見物人が押しかけるほどの祭りでは無いですし・・・
 秋に行われた「錦の御旗献上行列」なんて、金を掛けてきらびやかにしたイベントでも、通り道の家の人以外はあまり集まらないのですから無理も無いですね。
d0045383_2029999.jpg

 この神域の石垣の外からだと神事の信仰は全部見えますが、私はこうしたシーンはあまり撮りません。
 神罰を恐れるのでも無いのですが、神事なんてのはドキュメンタリーでも作成する以外はむやみと撮る物では無いと思うのです。
 昼間はまだしも、暗い時に場所もわきまえずストロボを焚きまくるカメラマンには腹が立ちます。
 今のデジタルカメラならよほどじゃ無い限りストロボ無しで止められるでしょうに!
 新聞記者にも居ますけどね。

 参列者は神社氏子関係と来賓の面々です。
 私は地元では無いのであそこに座らなくて済むので自由に撮影行動が取れます。
d0045383_20294847.jpg

d0045383_20301545.jpg

 浦安の舞・・・舞姫は四人でした。
 同じ有馬小学校の子供になるのでたしか花の窟神社の舞姫と同じ娘だと思います。
 二つの神社で複数のお祭りがあるのでこの子たちの出番は他の神社の舞姫たちより多いのでしょうね。
 ここの祭りで売れるもの・・・
 鳥居を入ってすぐに売っている「サイレの寿司」と「粟おこし」です。
 ここに来たら買って帰るものだと思っている人が多いようで、参拝者の数の割りによく売れています。
 私も「サイレの寿司」を買って帰りました。
 「粟おこし」の謂われがよく解らないので買いませんでした。
 大きなものですが600円です。
 
 これだけの祭りなのに祭りらしい「露天」は並びません。
 おそらく昔は一杯並んだのだと思います。
 子供が減ったら露天は成り立ちません。
 田舎では、もう、露天商が食える時代では無くなってきたのでしょう。
 ますます、祭りに子供が来なくなっちゃいますね。
 産田さんの祭りでも子供をあまり見掛けませんでした。
 子供の時にも行かない祭りになっちゃうと、先が見えますね。
 これだけの神社でさえそうなのですから・・・
 そんなに先では無い話ですが、触れるのがタブーのような所があります。
 「産田神社」「花の窟神社」はセットなんですし、同じ有馬です。
 セットで行事をこなすことでも考えないとやれなくなるかも知れません。
 あと、10年から20年・・・
 その次の世代があまり居ないのですから・・・

    
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
    

by je2luz | 2015-01-15 04:30 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21475172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 清流28号より 盛り...      熊野の旅 産田神社一月例大祭 2 >>