LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 14日

熊野の旅 産田神社一月例大祭 2

 産田神社の一月例大祭の呼び物?の二つ目は「弓引き」です。
 全国的に沢山ある神事ですね。
 本格的に的を射るものから矢をつがえずに弦だけを鳴らすものまであるとか・・・
 産田神社のは型を重んじるもののようです。
 ここには乱世の時代には豪族や野伏せりは居たようですが、大名や武士とか言うものが育たなかった所です。
 奥熊野代官所に武士は派遣されて紀州藩では重要な地ではあったようですが、所詮は辺地と言う事です。
 神武東征もここを通っただけでここを取りたくて来たのじゃ無いし、坂上田村麻呂も朝廷にとって具合の悪い海賊「多蛾丸」を成敗に来ただけです。
 そんな土地ですから、本格的な武家の弓は伝わらなかったでしょう。
 祭りでは鎌倉武士的な出で立ちで弓を引いていますが・・・
d0045383_23105125.jpg

 的までは10間あまりでしょうか。
 的の後は稲荷神社の参道で立ち入り禁止にもなって居ないし、防護用の幕も筵も張られていません。
 まともに弓を射たらひとたまりも無い状態なのですが・・・
d0045383_23134525.jpg

 でも、ご心配なく・・・
 この的めがけては、二人が二回ずつ矢を射るのですが・・・
 一回目は5m程しか飛ばしません。
 二回目は10弱かな?
 うんとセーブしています。
 だから。防護策が無くても良いのです。
 そして、的とは反対向きに二回ずつ矢を射るのですが、その二回目は制限無しで射るようでかなり飛んでいました。
 この脇役の矢を広う子供達は二回目の矢が籔に飛び込んだので手間取っていました。
 そっちは神域裏手なので誰も居ないのですが、見張り番も居ません。
 ノンビリしたものです。
 
d0045383_23253052.jpg

d0045383_23333544.jpg

 弓を射終えると、四隅に盛られた赤土に四本ずつの短い棒と立てます。
 多分 これは四方に矢を射たことにする所作でしょうね。
 地味ですが、型どおりに行われているようです。

 パンフレットなどにもこの「弓引き」が載っていたりするのですが、見物人がゼロでした。
 取り立てて「来るな」とも言っていませんでした。
 テレビ局と新聞社とアマチュアカメラマンが2名ほどとホームビデオが二台かな・・・
 テレビカメラだけ気にすれば自由に位置取り出来ました。
 ここまで見る人が居ないとは・・・
 二人の射手は顔見知りなのもあって写真は撮りよかったです。
 「神事」なのですから、これで良いとは思いますが・・・

    
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
    

by je2luz | 2015-01-14 04:57 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21473116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 産田神社一月例大祭 3      熊野の旅 2015 熊野市成人式 >>