人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 10日

熊野の旅 初詣 出と入り 収支決算

 昔からこの辺の人が改まって「初詣」に行く時は、とりあえず「氏神様」「大馬神社」あたりに詣っておいて、次に「那智山」とか「玉置山」が多かったように思います。
 「伊勢神宮」は遠いし混むので元旦などに行く人は少なかったです。
 地元にある神社は「日本最古」などと言われていても、よそ様の「官幣大社」に比べると質素というか格好付きにくいですよね。
 よそからの入り込み初詣客って元々多くなかったのです。
 ずっと、入りと出を人間とお賽銭両方で計っても持ち出しだったでしょうね。
 高速が出来て、「お伊勢さん」「多度大社」「熱田神宮」や「平安神宮」「住吉大社」なんてのまで射程距離になっちゃいました。
 そして、実際に出掛けた人もそこそこ居るようです。
 まあ、仕方ないでしょう。
d0045383_21441892.jpg

 熊野三山でも中々人を引っ張れないのに・・・
 「花の窟神社」「産田神社」「大馬神社」と言う熊野市三山では・・・
 悪くは無いけど・・・ なんですよね。
 子供が一杯生まれていた頃でも「産田神社」は安産の神としては認知されませんでした。
 私もここを「安産の神」として推薦しかねますしね。
 最古の神社と言っても、「花の窟神社」は「墓所」ですしね。
 私達の祖先?と言いにくいし・・・
 「大馬神社」は多蛾丸の撥ねられた首が飛んでいった所とか言われるし・・・
 なんだか、おどろおどろしい話の三山になっちゃいます。

 「観光用のおとぎ話」なんてのはかなり作られた物が多いのですが、定着するには長い年月が掛かります。
 ここにはフィクション作家も歴史物の作家も居なかったのでしょう、ほとんど、面白い昔話も無いですね。

 「南朝終焉の地」というのもありますが、何だか大きな話は聞いたことありません。
 飛鳥まで落ちてきてからは何も無かったのでしょうか?
 「滅びの地」であっても、九州や四国ではロマンス話もあるようなのに・・・
 日本人は義経でも滅びるものに共感するんですよね。
 文書はお寺さんにしか無いとか・・・浮いた話にはならないかな?
 
 「油屋お紺」・・・これは歌舞伎にまでなって居る割りに地元では関心の無い話みたいです。
 まあ、遊女に売られていったのですから地元からすると触られたくない話だったのかも知れません。

 で・・・
 「おもてなし館」などにはこんなものの記述とか展示って無かった様な・・・
 


    
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村    
    

by je2luz | 2015-01-10 05:08 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21461862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by オカルト好き at 2015-01-11 15:56 x
いっそ、あの世と一番近い国とか
異界と一番近い国として売り出したらどうでしょうかね?
かわいいものより不気味なものの方が人気が出たりする世の中ですから受けないでしょうかね?
Commented by je2luz at 2015-01-12 12:17
オカルト好きさんへ
 ***
 熊野という所は元々そうした所のようですね、
 「熊野」=「ゆや」=「幽玄の地」
 花の窟だけでは無く「補陀落信仰」の地だったり、「八百比丘尼」の伝説とか・・・あまり、普通じゃ無いんです。
 そんなのは不評を買うと思うのか地元では封印しています。
 神話なんて「旧約聖書」も凄い事書いてあるし・・・それも半分封印されていますね。
 封印するから中途半端で説明も出来なくなっちゃうのですけどね、


<< 熊野の旅 産田神社一月例大祭 1      熊野の旅 明けの明星   明日... >>