LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 06日

熊野の旅 毎月の花火は中止になりました 清流28号増刊

 この記事も「清流28号増刊」に掲載したものです。
 昨年、事実上効果無く、見物人も居なかったミニ花火大会の件です。
 今年も、「世界遺産指定登録10周年記念式典」のあった7月に強行?したのですが、その時のブログに人の居なかった証拠写真入りでのせ、一般質問でも取り上げましたが、流石に、秋以降、10・11・12・1・2 とか去年同様にやると言っていたものは今の所やって居ません。
 予算を不執行にしたのに説明も無いんですけどね。
 まあ、無駄遣いをやめているのですから今は黙っていますが、「何も言わない体質」がやっぱり問題でしょう。
 
 『清流の記事』
 去年から観客が居ないのに強行するので問題にしていた、「毎月の小さな花火」(1回100万円ほど)は打ち切りになりました。
 今年も去年同様にやると予算を取ったのですが、「世界遺産10周年記念式典」に合せた7月の500万円ほどの分も数百人しか見物人が居ない無駄な事業であることが顕著なものになったからか、10月からの分を取りやめました。
 市にとっては大きな金では無いのかも知れませんが、無駄をやめるのは良いことです。
素直には「効果が無かったから・・・」とは認めていないようです。
 この様に無駄遣いも皆で指摘して行けば改善されます。
 「駅前の電線地中化」も当初計画を大きく縮めて、今年度の工事で終わるようになりましたしね。(完成するかは危うい?)
 これからも。無駄はみんなで指摘して、少しでも予算を浮かせて「私達のため」に使って貰いましょう。
 目を離すと、せっかくのお金が遊びに入っちゃいます。

 「今日のブログ記事」
 総額で700万とかですから小さい・・・と思っているのでしょう。
 しかし、『観光客誘致のため』とぶち上げて予算組みした事業ですから、やらない方が良いと言っても、素直に「不執行の弁」があってしかるべきでしょう。
 何時も言うように、歴代の市長では考えられない、市民軽視、議会軽視の現れです。

 この「清流」を指したらしい「怪文書発言」も市民の中でそこそこ広がっています。
 「清流」が怪文書なら大本営発表的な「広報くまの」も怪文書でしょう。
 真実を知られるのが都合が悪いからと言ってねえ・・・
 独裁者に似てきたのかな?
 市民の皆さんの判断はいかがなものでしょうね?
d0045383_2023586.jpg

d0045383_20232544.jpg

 雨模様のためD800Eを持ち出せなかったので不鮮明ですが、人数は数えられます。
 出来高払いというような予算の使い方をして500万年ほどの花火でした。
 堤防にパラパラと観客が・・・
 去年もそうだったんです。
 もっと少なかったことも・・・
 
 電線地中化も同様です。
 やったからってどうなるの?
 よそがやるから???
 聞く耳持たず!
 でも、評判が悪いと内緒でやめちゃう・・・

 やめるだけましか???

 でも、そんな風に言わなくてはならないなんて、市民としては悲しいです。

    
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村    

    

by je2luz | 2015-01-06 04:56 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21448338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 地方創生とは?      熊野の旅 清流28号増刊 議案... >>