LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 02日

熊野の旅 初詣 花の窟神社

 日本最古の神社と言われる「花の窟神社」は古代信仰の物ですから、ご神体?は岩です。
 そして、社殿も拝殿もありません。
 説明を聞いて眺めれば、「何となくそんな気がする・・・」と、言うものです。
 そして、謂われの方はあまり聞いて欲しくないような・・・

 最近は「日本最古の・・・」と「世界遺産」のおかげで観光客の立ち寄る数は増えたようです。
 初詣は「ありがたそうな神社」では無いので、遠くからはあまり来ませんね。
 初日の出兼用の人が増えませんから単純な初詣に期待するのは無理かな?
 中京方面だと「お伊勢さん」「熱田神宮」なんて定番に加え、「多度大社」などはテレビで宣伝していますね。
 なんと言っても近いですしね。
d0045383_21314598.jpg

 これは初詣のために照明の掛かったご神体?です。
 1月1日0時53分です。
 人気ゼロになっちゃっていました。
 いくら何でも早いでしょう。
 境内の前の「お綱茶屋」では役員の人達が接待していましたが、もう終わりの準備に入りました。
 12時から神社の前で年越しの花火もやったんです。
 獅子岩は照明が掛かっています。
 駐車場もあるし・・・
 一応の宣伝もしたし・・・
 12時前から地元の人が花の窟神社向けに歩いているのは見掛けましたが・・・
 一応のことはやって居るようですが、増えませんね。
 「いざなぎ」さん、「いざなみ」さんでは、特別有名な御利益もなさそうですしね。
 大内山の「頭の宮・四方神社」のように、字面からして「受験に効きそう」と言う物だと、結構お参りが多いようです。
 今の時代、すぐに効く御利益が無いと駄目なんですよね。
 「パワースポット」なんて日本中五万とあるようですしね。
 「パワーストーン入りおみくじ」なんてのも売って?います。
 初詣での時には「破魔矢」も「お札」も売って?います。
 普通のことはここでもやって居ます。
 熊野では一番宣伝されているはずなのです。
 でも、観光初詣でにはほど遠いです。

 さてどうする??
 お綱茶屋にかがり火焚いて、太鼓叩いて・・・
 どこにでもありますよね。
 初日の出まで退屈させないでつなぎ止める・・・
 サークルKは開いているけど他は何も店も無し・・・
 露天商さんは見込みがないと来てくれませんね。
 「熊野・古代三社参り」を花の窟神社・産田神社・大馬神社で作り出しても、立地的にかなり厳しいですね。
 文化人たちで物語を仕立て上げないとわざわざとは来てくれないでしょう。
 憲法もクリアーしないと公金は入れられませんしね。
 「熊野の有馬」というものここじゃないという説まであるんだとか・・・
 でも、観光なんて「乗せちゃった者勝ち」って感じです。
 徐福で中国・福建省を引っ張るも良し・・・

   

  

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村

    




    

by je2luz | 2015-01-02 04:56 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21438501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 池田芳弘 at 2015-01-02 11:14 x
あけましておめでとうございます。
花の窟神社は大好きです!
数年前の元旦の朝に行きましたが、岩までの参道?は明らかに経験したことの無い空気でした。
地元の有志の方にお茶を頂き、誠に清らかな初詣がかないました。
今年は寒すぎて断念したのが悔やまれます。
Commented by je2luz at 2015-01-12 12:11
池田さんへ
 ***
 花の窟は神の世界・黄泉の国と地上を結ぶ場所でしょう。
 地元で詳しく説明しないのは、かなりオカルト的な神話が出てくるからかも知れません。


<< 熊野の旅 月例 広報くまの 新年号      熊野の旅 初詣  >>