LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 31日

熊野の旅 大晦日~元旦 熊野市周辺

 先日来の天気予報、少しは変わったのですが、良い風には転びませんね。
 31日に低気圧が通過し、元旦朝には気圧の谷が・・・
 前からより31日が少し悪くなって雨もあるかも・・・
 そして、その後の気圧の谷に寒気が下りてくる?
 「雪」の予報が消えません。
 ちらつくことはありますが、予報で「雪」なんて・・・
 どうやら、新出町稲荷と木本神社の初詣を早めに済ませて、「寝正月」ですね。
 お年玉をあげなくてはならないことも無いし・・・
 出掛けても珈琲を飲む店も開いていないし・・・

 そもそも、町から正月気分をそいだ原因の一つに・・・ 
 「スーパーが休まない」と言うのもあります。
 私などは便利なのですが、平常通りスーパーが開いていれば、何も日持ちするお節など作らなくても・・・
 と、なっちゃいます。
 あれって、正月三が日とか買い物もしないで越さなくては成らないのもあって作られた面もあります。
 「お節が無いと正月気分になれない」と言う人も居ますが。「お節が食べたくてしようが無い」なんて人は少ないでしょう。
 それが証拠に「中華」だとか「ハム」だとかが人気になっちゃうんですよね。
 「数の子」「昆布巻き」「黒豆」「タツクリ」「かまぼこ」「にしめ」「寿司」・・・
 地方によっては「鰤」だとかもあるようですが、それぞれはまずくは無いけど、今時は「ご馳走」じゃないですよね。
 でも、お店が閉まっていて、暮れの間に正月の食事を確保するなら、こんなのが良かったでしょう。
 普通のメニューでも、昔のように帰省客?が多かったら、ついつい買い溜めします。
 何しろ足りなかったら大変ですからね。
 いまでは、「そんなの関係ねえ!」なんです。
 暇なんだからみんなで買い物に来れば良いのです。
 だから、暖かい美味しい物が良いし、余分に買わなくて良いので助かります。

 年末になってもこの辺のスーパーのケースには、「三斤繋がった食パン」「模様だらけのかまぼこ」「ものすごい量の牛肉パック」「どっさり入った豚肉」なんてのはほとんど並びません。
 20年ほど前は山積みしていましたが、売れ残る漁が半端でなくなってきたのでやめちゃいましたね。
 そんな雰囲気も「節季の気分」を盛り上げなくなりました。
 帰ってくる息子たちも減っちゃったのです。

 今年は年末に売り上げが上がらないそうです。
 二つの店で聞きましたが、同じ様な状態だそうです。
 やっぱり、「アベノミックス」なんて縁が無いようです。

 景気が悪いと、初詣のお賽銭にも影響があるんですよ。
 不景気が始まると、大阪住吉大社などは景気回復を祈って再選に大口が増えるのだそうですが。長引くと。神頼みすら出来なくて激減するのだとか・・・
 都会では少し持ち直すかも知れませんが、田舎では、年金切り下げの連続で・・・
 高齢化でお宮さんまで来られない人も増え続けるし・・・
 おまけに天気がもう一つで寒いなんて・・・
 御利益一杯の稲荷さんでも集客力は落ちる一方です。
 イルミネーションでもやれば増えるのでしょうかね?
d0045383_22211254.jpg

 除夜の鐘・年越し花火は今年もありますが、元旦の天気も込みで増えるか減るか・・・
 七里御浜からの初日の出が駄目だと、遠来の客は熊野三山へ・・・
 もっとも、朝まで居てもコンビニしか金が使えませんけどね。
 暴走族が来なくなったのは良いことですけどね。

   

  

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村

    




    

by je2luz | 2014-12-31 04:50 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21429978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 大晦日 呪文が効かな...      熊野の旅 あと二日・・・ 役所って >>