LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 13日

熊野の旅 市民の利便性を考慮した交通体系の構築を・・・

一般質問第2項目目

 市内を歩くと周辺部だけでは無く中心部でも高齢化によって「交通手段」が無くなったことを嘆く声が多く出ます。
 乗り合いタクシーも走らせて頂きましたが、利用の仕方がまだ十分には理解されていない所もあるし、運行地域、運行日時や時間などの見直しを求める声も聞こえてきます。
 私のまわりは「交通弱者」「買い物弱者」が多いのかも知れませんが、市民の1/4ほどはこうした人達であり、今後も年々どころか日に日に増加するでしょう。
 補助金を投入して走って貰っている路線バスも乗客があまり乗っていないようです。
 通学時間と買い物や通院に使いたい時間とにはずれもあるようです。
 観光客用の交通にも市民の厳しい目が注がれており、見直しが望まれています。
 使いよい交通体系の構築は簡単では無いと思われますが、市民・弱者のために本腰を入れて取り組んで頂きたいと思います。
 それでも買い物に来られない人が増えて行きますので、以前にもお願いしたこともありますが、移動販売などへの助成などで、最低限の生活が出来る手段の確保をご検討頂きたいと思いますがいかがでしょうか?

 これは私がずっと言い続けている懸案です。
 今の熊野市では三重交通の路線バス、三重交通に委託して居る熊野市自主運行バス、福祉バス、スクールバス、乗り合いタクシー、民間の特定乗合自動車、JR列車など、多種多様な物が走っています。
 これだけ見れば、すごくきめ細かく交通網が張りめぐらされているようですが、実態は11か町村と半分という寄り合い所帯で山で隔てられた地形ですから、一部しかカバー出来ていないのです。
 役所にしてみれば、「これだけ手を尽くしているのに・・・」と言う所もあるようですが、これを何とかしないと、生活出来ない人がどんどん増えます。
 これに関しては、翌日には浜議員も質問することになって居たので、そちらに詳細は任せるつもりで、大筋をお願いしました。
 業者もバラバラ、集落もバラバラ・・・まとめるのも大変ですが、市民にとっては役所は一本なのです。
 それを役所のセクト主義をやめて、一体となって、使いよい交通網を作って欲しいと要望したのですが・・・」
 この問題は、真剣に組み直すまでしつこく迫るしか無いでしょう。

 土日には市民の足を止めて、観光客様にお乗り頂こうと言う今の制度の見直しも提言したのですが、利用客が居なくてもよそ様が大事というのが透けています。

 移動販売に関しては、以前同様及び腰です。
 今やってくれている業者への助成も考えないそうです。
 「個人商店を圧迫することになるから・・・」 だそうです。
 山間部などではその店まで行けないから困っているのです。
 坂道を300m、500m歩くことがどれほどお年寄りには酷なことかも判らないようです。
 そして、今回っている業者さんも、減少してしまったお客さん相手なのでやめたいくらいの状態なのですが、弱者のことが判っていないようです。
 週に一・二回でも道まで出て買い物し、人と触れ合うことがどれだけ生き甲斐になることやら・・・ 
 よそでは最低限の生活維持の他、生き甲斐などの面を重視して助成していることも多いのです。
 安否確認に役だった事例も一杯あるようですが・・・
 
 観光客の足のことやよその子のスポーツには心配りしても、熊野の年寄りには優しく出来ない様です。
 確かに波及効果は少ないでしょうけど、この熊野に骨を埋めるしか無し人達に、少し暖かい手をさしのべて欲しいものです、
 今の現有手段を組み直すだけでも随分交通の使い勝手は良くなるし、ほんの少しの助成で移動販売もきめ細かく回ってくれると思うのですが・・・

 浜議員の質問に対する回答を加えても。もう一つ要領のえない回答でした。
 市民からの声が大きくなればこの質問が生きてくると思います。
 
 「言っても駄目」 なのでは無く、「言わないと始まらない」のです。
 議員の声より大勢の市民の声の方が良く効きます。
 きっかけは作りますから、追い打ちを掛けて下さい。
 そうすれば、更にその後押しをして実現に持って行けると思います。
d0045383_20371446.jpg

 工事中の特養です。
 ここへ入るのを少し遅らせられれば、本人も幸せだし、財政的にも随分助かります。
 損得は計算は出来ないものですが、世の中はそちらの方に行こうとしているはずです。
 制度だけでは実現しない、生き甲斐のある人生の最終章でしょう。
 夢物語よりは今居る人が幸せで無くてはいけません。

  

  

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村

    




    

by je2luz | 2014-12-13 04:52 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21385901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 高規格道路・熊野道路...      熊野の旅 水道施設の維持・更新... >>