人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 10日

熊野の旅 災害先進地?

 こんどの豪雪
 災害と呼ぶレベルまでのようです。
 なんでも、「集落が孤立」と言うのには少し抵抗があるのですが、想定外の積雪になった所もあるようです。
 普段は降らないらしく、簡単に杉の木などが倒れて通れなくなっていました。
 この辺の12号関連水害の時やそれ以前の風台風の19号災害の時など、倒木によって電線網がズタズタになりました。
 当然停電が広範囲に及んで復旧にも日にちが掛かりました。
 そして・・・
 各電力会社推薦の・・・
 「オール電化の家」が大変な事になりました。
 今回もあちこちでこれが起きているようです。

 「オール電化」はタイマーとかセンサーで制御しよい「電気」を照明・家電という一般レベルと越えて、調理器具や給湯までのエネルギーも電力にしてあります。
 「火の消し忘れ」「鍋のから焼き」などが防げるから「ボケ老人向き」とばかりに、宣伝し推進していました。
 だから、結構、田舎の老人の家に入っているのです。
 せっかく、プロパンガスという災害に強いエネルギー源だったのを外させたのです。
 で・・・
 災害の時には明かりが付かないだけでは無く、「飯も炊けない、湯も沸かせない」と言う事態が起きたのです。

 この辺でも起きたのだし、他でもかなり起きた不都合だと思うのですが、ニュースにもほとんどしませんね。
 集落孤立より大変なんですよ。

 さらに、田舎に多いCATV抱き合わせのIP電話が使えなくなって、連絡も取れない・・・
 これだって、最新技術だなんて勧めて居ますね。
 今の同軸によるCATVではなく、光になってくるとますますIP電話をセットにしたがります。
 これが怖いってこと、マスコミも伝えませんね。
 家に来ているのが、光ファイバーと電灯線だけ・・・
 すっきりしますが、非常に脆弱になります。
 今の私の家は、電灯線・電話線・同軸ケーブルのCATV・光ファイバー・プロパンガス・・・この5系統で機能するようになって居ます。
 太陽光の非常光源とか発々による電力なんてのは私みたいなマニアがやることですが、通常の5系統は今の所、合理化する気はありません。
 電柱から4本ものケーブルが来ているってすっきりしないですけど、今の所これがベストでしょう。

 国の方向はこれをファイバーと電力線だけすることのようです。
 でも、まだまだ信頼出来ませんね。

 以前のブログでも取り上げましたが、災害の度にあちこちで起きているはずのこうしたトラブルをどうするのかという方針は示されませんね。
 「飯を炊き湯を沸かす」こんな大きなエネルギーを供給出来るカセットガスや発々を用意するのは不合理なんです。
 オール電化にしたからと言ってこんなのを用意したのでは、不合理以外にも危険でしょうが無いです。
 それでも、「オール電化」「IP電話」を勧めて回るのでしょうね。
 この辺でも、随分強引に勧誘していたようですから・・・

 熊野はかつての台風銀座・・・
 結構災害に見舞われてきました。
 津波も70年前に経験したのに、軍部の圧力とは言えきれいさっぱり忘れちゃってますが、やっとこさ、「やられたと言うこと」だけは認識した人も出て来ました。
 
 今度のような最先端の災害・被害も経験しているのですが、ここでも、問題にはしていませんね。
 オール電化はそれでも増えているのだと思います。

 それから・・・
 民家の孤立?
 山間部では毎日孤立していますよ。

d0045383_22161891.jpg
  
 本日9時から『一般質問』
 ZTVとネットに出ます。

  

  

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村

    




    

by je2luz | 2014-12-10 05:04 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21378573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 四季が欲しい 春      熊野の旅 四季が欲しい 夏は・・・ >>