人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 25日

熊野の旅 久々に里創人・熊野倶楽部

 天気はいいし、暖かいし、お祭りも無いし・・・
 久々に金山の山頂に登りました。
 私の山から切り出した「日時計」の写真を久々に撮りました。
 時刻は11月23日 13時18分 です。
 夏だと影ば短いのですが、この時期だと長く出ますね。
 この柱、佐田坂を登り切った小阪峠からやって来ました。
 塗装を掛けない杉の丸太ですし、天辺に傘を着せていないので傷みが少し早いです。
 小口から水がしみ込みますから、いくら乾燥する山の上でも腐り出すというか、ボケ始めます。
d0045383_20425814.jpg

連休最終日の午後1時過ぎ・・・
 よそから来る人は、もう帰途についた頃です。
 食堂の方は結構客が居ました。
 バイキング・・・1650円だと思います。
 私は食べませんが、外のテーブルで女の人達が子連れで食べていたので、大体のメニューが見られました。
 バリエーションも多く、6人ほどでしたが結構楽しんでいましたね。
 それに「満席」とでていました。
 地元の人に言わせると、「両方高いけど、金山の方がまし・・・」と。言う人が多いです。
 地元からでも、行きよくて入りよいのは「鬼ヶ城センター」なのですけどね。

 このバイキングの値段、私達が議会の視察の時、鬼ヶ城センター側からの注文で食べた、三段重の定食とほぼ同じですね。
 観光地の普通の昼飯として、高いか安いか・・・
 食事目的の旅行ならお昼ご飯でもこれ位はありでしょうけど・・・
 事実上これしか無いようなメニュー構成だと、一寸困る人も居るかも知れませんね。
 「熊野は高い」と言う声も聞いたことがありますが、お店自体の選択肢が少ないのも困るかも知れません。
 テレビのルポなども「海鮮料理」とか少し高目のグルメ紹介になっちゃいます。
 元来、熊野古道を通る巡礼さんは難行苦行、金の無い旅だったのです。
 見掛けるハイカーさんを「貧乏人」とは言いませんが、物見遊山、豪遊の旅人には見えません。
 企画物の割安の語り部付きツアーが多いようです。
 「里創人・熊野倶楽部」は元々、熊野古道歩きの人はターゲットにして居ないと言っていた所です。
 「一泊二万円ほどでお得に・・・」と言う企画でしたからね。

 食堂には人は居ましたが、他は・・・
 もともと、見物・観光はここを拠点に出掛ける所ですから、「飯を食うか風呂に入るか」の目的が無ければ、ここに来ても仕方ないんです。
 売店も久しぶりに覗きましたが、元はあった「干物」など見当たりませんでした。
 連休で売れちゃったという雰囲気では無かったような・・・
 ミカンは一袋300円・・・ 何も言いますまい。
 かつては「ミカン狩り」がそばのみかん園でやって居たのですが、やめたのかな?
 休日でもパンや那智黒、木製品などの体験教室も閉まっていたし・・・
 運営委託契約はまだ半分残って居るくらいでしょう。
 三重県はこれからどうするのかなあ???
 十年では減価償却も終わらないし、耐用年数も一杯残って居るし・・・
 人の居ないこうした施設って淋しいですね。

 名前は「中核的交流拠点」だったかな?
 意味が一寸判りにくい施設なんです。
 雇用も随分減ったようだし・・・
d0045383_21221976.jpg


     

  

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村

    




    

by je2luz | 2014-11-25 04:37 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21332561
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 井戸の祭り 二つの大...      熊野の旅 育生大森神社 どぶろく祭り >>