人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 22日

熊野の旅 人口18000人 可動人口は・・・

 明日は勤労感謝の日です。
 日曜日とかぶっているので代休を含め三連休の人も多いでしょう。
 年中催し物のある町・・・熊野ですから、一杯行事があります。
 昔からある、土着のお祭りでは
 育生・大森神社 どぶろく祭り
 井戸・下の大馬神社秋祭り
 有馬・産田神社秋季例大祭
 久生屋・深山神社お祭り  (多分)

 イベントでは
 木本・記念通りいこらい市

 スポーツでは
 23/23 ベースボールフェスタ

 文化活動を除いてもこれだけあるようです。
 ぶつかるにしても・・・
 いや、ぶっつけているのかな? 次の週にはほとんど何も無いようです。

 熊野市の人口は18000人ほどです。
 高齢者が多いですし、分散して住んでいますから実際に動ける人は7割も居ないと思います。
 7割として・・・12600人です。
 近年は熊野や木本で何かあっても南郡の人は来てくれていないようです。
 今週の22/23は鵜殿祭りで餅が6俵も搗かれるとか・・・
 まさにイベント合戦です。

 何時も言うように、土着の祭りは地域の大事なもので、守って行ける範囲で続けるべきでしょう。
 こうした物はほとんど宗教がらみなので当然のように公金の補助はありません。
 それに引き替えイベント類は公金の注入から市職員の動員までなされます。
 市民のためなら、どうして、こんなにぶつけるのでしょうね?
 動ける人が全部出掛けてくれても2000人ずつしか割り当てが無いのです。
 動ける人の一割しか出掛けなかったら、一つの行事辺り、主催者を含め200人しか割り当てがありません。
 こうした数字は動かせませんね。
 これでは、「大本営発表水増し」も出来ません。
 この比率で言えば四日市で100のお祭り、イベントを同じ日にするような物です。
 四日市なら近隣の入り込みも期待できますが・・・

 商店街の振興組合が見込み客の無い日にイベントしても・・・
 井戸も有馬も祭りなんです。
 来る人は減ります。
 市内の皆さんに楽しんで貰うのが趣旨だとしても・・・ 無理でしょう?
 企画調整しないと労力とお金の無駄遣いですね。

 出店は地元商店では無いし・・・
 地元の商店・組合員は喜んでいるのかなあ???
 どこまで、市が入れ込むのかなあ???
 他の地区からの不平も聞こえ出しました。
 数少ない受け皿とは言え、公平とは言えないでしょう。
 一度立ち止まらないといけない時期です。
 私の書くことに異議がある人は、冷静、公平にこうしたイベントを現場で観察してみて下さい。
  「主催者が頑張っているから良いでは無いか・・・」と言うレベルでは無くなってきています。
 当事者も一度分析などしてみて下さい。
d0045383_20161970.jpg


     

  

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村

    




    

by je2luz | 2014-11-22 04:46 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21323035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 木本事件慰霊祭      熊野の旅 木本海岸 堤防・高波... >>