人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 05日

熊野の旅 村祭り 今昔 そして この先 2

 昨日の続きです。

 私が「村祭り」と呼ぶのは、田舎の祭りは古くからの集落の単位、「村」の「鎮守様」「氏神様」と言われる神社で行われることが多いからです。
 こうした神社が今のようになったのは、明治政府がお寺を排斥し、神道が日本の宗教であると強引に押しつけてからでしょう。

 もともと、日本は多神教、まさに「八百万の神」がうじゃうじゃした国なのです。
 それを、強引に神社を中心に据えると共に、目茶目茶多かった神社も、「一村一社」にしようとまでしたようです。
 神々の郷、熊野などは田辺からこの辺だけで二千社ほどあったとまで言われますからね。
 この辺の神社も随分、合併したようです。
 熊野市内のは知りませんが、阿田和の神社で聞いた話では、今の阿田和神社になる前は五社あったとか・・・
 もちろん、お寺と一緒だったなんてざらでしょう。
 大きな所では「那智山」がそうですね。
 「靑岸渡寺」と「那智大社」今でも一緒だったのが解りますよね。

 聖徳太子が仏教を国の統治に利用しようとした時から「神仏混合」が始まったようです。
 やたらと。他の宗教と神様を排斥するより良いでしょうね。
 宗教がらみでそれが起きると、千年でも二千年でも続きますからね。
 日本の鷹揚さ?いい加減さ?は、伊勢神宮の始まりとされる、若狭国「籠神社・このじんじゃ」でも見られます。
 神社の小さな社ごとに「海彦」「山彦」なんて祀られていますが、そこに立てられた看板には「=薬師如来」なんて書いてありますからね。
 「本地垂迹説」ですね。
 神社とお寺では主役が違うのかも知れませんが、「籠神社」では今でもそうして混合状態です。
 伊勢神宮発祥の地でそうなっているのが面白いです。

 まあ、それは置いておくとして、「村祭り」は年に一度のお祭りで、村を挙げて祝ったのでしょう。
 飛鳥だと、大又・小又・小阪・佐渡・野口・神山が集まっています。
 それぞれが年交代で当番を務めてきました。
 五郷村では寺谷・桃崎・和田・湯ノ谷なのかな?平とか大井谷なんて小さな所はどうなのでしょう?
 とにかく、村中が集まって酒を飲み騒いだものだと思います。
d0045383_2130530.jpg

 現状は両方の「飛鳥神社」ともに、過疎高齢化で祭りの維持に苦心している様子が見られます。
 初めて顔を出した「五郷・飛鳥神社」では舞姫は一人でした。
 一人では「浦安の舞」も大変でしょう。
 集まっている村人も少ない感じだったので尋ねてみたのですが・・・
 「去年よりうんと減った気がするよ」という返事でした。
 飛鳥の飛鳥神社も近年随分減りました。
 餅撒き用の櫓を組むのも止めましたからね。
 五郷は拝殿前の石垣が丁度良い餅撒き場ですが、広くは無い餅拾い場に拾い手が納まっていました。
 その数、おおよそ70人・・・
 「山の神」では無く「鎮守様の祭り」なのですけどね。
 飛鳥の方も私が離れる時間でそれ位だったでしょうね。
 「餅の拾い手」まで、過疎と高齢化で減ってしまったのです。
d0045383_2131812.jpg

 餅ほり文化で、「餅ほりが無ければ面白くない」、「餅ほりをすれば人が集まる」・・・
 この図式も成り立たなくなってきたようです。

 とうの昔に、「祭りやさか、寿司せなあかん」なんて、無くなって居ます。
 当然、「祭りやさか、服、新調する」なんてのもありません。
 道ばたで酔いどれて座り込んでいるなんて図もありません。

 それでも、テレビなら、「住民が集まって賑やかに・・・」という風にも撮せます。
 現にあちこちのお祭りやイベントのニュースはそのように作って居ますね。
 当事者以外の見物人はほとんど居ない・・・背景が写らないようにする・・・
 今の田舎では、100人も居れば「一杯」なんです。
 現実を見せない工夫ありありです。
 同じものが、「過疎・高齢化・限界集落のドキュメンタリー」の時は、「居ない観客」を主役にして、社会問題にします。

 明治政府じゃあるまいし、「神社統合令」なんて出せるはずも無し・・・
 神社だけでは無く、「お寺」の存続も怪しくなっていますね。
 やたらと多い「曹洞宗」ではお寺の掛け持ち住職が当たり前になって居ますが、他の宗派では・・・
 「宗派統合」なんて不可能ですし・・・
d0045383_21422011.jpg

 かつては村の中心だった「神社」と「お寺」が成り立たない・・・
 憲法の規定で宗教には手を貸せないとは言え・・・
 集落の維持の観点で無視も出来ないでしょう。
 行事の無形文化財化・・・
 一時的なカンフル剤でしょうね。
 それでも、最後まで集落の人が楽しく満足できるようにするのも行政の仕事でしょう。

     

  

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村

    




    

by je2luz | 2014-11-05 04:42 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21272793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by PMF at 2015-09-23 12:10 x
県内各地で開催されている獅子舞のビデオ撮影をしている四日市のPMF(コールサイン)です。東紀州方面の開催情報を求めて検索していてLUZさんのブログを見つけました。
できれば関係自治体へ日時等の問合せをして木本神社、飛鳥神社へ出かけたいと考えています。
これからも貴重な情報発信をお願いします。
Commented by je2luz at 2015-09-23 15:29
2015年の秋祭り
 木本神社 宵宮 10月10日土曜
      本祭り 10月11日
 本宮の日、神社での獅子舞の奉納は、銭湯の新出町が神社に着き次第行われます。
 11時頃には始まる可能性があります。

 飛鳥神社は11月3日
 同日には五郷の飛鳥神社、神川の神社でも祭りがあります。
Commented by PMF at 2015-09-23 18:28 x
木本神社秋祭りの日時の情報ありがとうございました。
出かけるのが楽しみです。

11月3日の情報もありがとうございました。


<< 熊野の旅 村祭り 今昔 そして...      熊野の旅 村祭り 今昔 そして... >>