LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 01日

熊野の旅 熊野・霜月 餅ほり月

 もう11月です。
 出雲出張にでていた神様達も帰って来たでしょう。
 今年は祝い事があったので折りでも持って帰って来たのでしょうかね?

 11月は霜月・・・霜も降りるでしょう。
 でも、熊野は初雪は舞わなくても、餅が空を舞います。
 11月3日は、私が知っているだけでも、新鹿・飛鳥・五郷・神川・板屋でお祭りがあります。
 と言う事は、「餅ほり」があります。
 11月23日には育生・大森神社の「どぶろく祭り」があります。
 呼び物は「どぶろく」ですが、餅ほりもあります。
 女子供には餅ほりでもしないと楽しみがありませんからね。
 この他にも、多分、市内や南牟婁郡で鎮守様の祭りがあると思いますが、ほとんどの祭りでは「餅ほり」があります。

 イベントじゃ無いので忘れていましたが、11月は七五三ですね。
 今の人は15日では無く日曜日にお参りする人が多いですから、11月9日が七五三かな?
 と、言うことは・・・
 9日に市内のあちこちで「餅ほり」があるはずです。
 前の日位に「オバヤン」に聞けば、「どこの家が何時にどこで放るか」が判ると思います。
 餅ほりのニュースはどう言うネットワークで伝わるのか知りませんが、きっちり伝わっています。

 もう一つ・・・
 「第13回市民健康スポーツ祭」なんてのが11月9日にあります。
 天気が良ければ山崎運動公園で9時からありますが、なんと、それにも「餅まき」があります。
 プログラムの最後ですから2時頃かな?
d0045383_2201457.jpg

 この調子ですから、熱心に回れば大変な料の餅が溜まりますよ。
 10日やそこいらは、ご飯など炊かなくて済むと思います。
 市の変なイベント予算より、民の食卓の助けになるでしょう。
 仁徳天皇は「民のかまどの煙」を気になされたとか・・・
 今のトップにはそんな気はなさそうです。
 国に始まって、地方まで・・・

 次の機会には、この「餅ほり文化」の中心地、熊野の餅事情について少し書こうかなと思っています。
 暑い時には餅を搗きません。
 この11月・霜月は餅の月です。

     

  

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村

    




    

by je2luz | 2014-11-01 04:38 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21260773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野の負の遺産 木本事件      熊野の旅 大盛況 議会懇談会i... >>