人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 22日

熊野の旅 この景色が消える

 夕闇が迫る頃・・・
 田んぼの向こうに家々の灯が灯る。
 
 夕空晴れて 秋風吹きーー
 と言うには、少し都会的かな?

 でも、この眺めが消えようとしています。
 この場所の前に十数メートルの壁が出来ます。
 ベルリンでは壁が無くなったというのに・・・
 ガザ地区でもあるまいに…
 巷の噂では、ここに壁を作ったら儲かる人が居るのではないか…なんて事になっています。
 でも…
 まさかそんなことは…
d0045383_2245622.jpg

 大分県湯布院…高速道路を町から見えない所に作ってくれと要望した先進地として有名です。
 高速道路なんて物はインターチェンジが無い所では通らないに越したことは無いのです。
 うまく買収対象になると相場より遙かに高く買い取ってくれるので喜ぶ人も居ます。
 しかし、買収対象地から外れれば邪魔なだけです。
 この熊野の高速でも、大泊地区などでは、高架の下に取り残されて住宅地などはなんの補償も無しです。
 トンネルの響き音なども聞く耳持たないのがお国なんです。

 この写真は井戸の田んぼの真ん中を走る農道から井土方向に撮っています。
 田んぼの向こうに夕月が掛かり…
 朝はあそこから朝日が昇ります。
 でも、このカメラ位置のすぐそばを、高速道路が盛り土で通ります。
 その高さ十数メートルと予想されます。
 理由は、南海トラフ津波に耐えられる高さと言うことから推測できます。
 建物にすると4階建て程度でしょう。
 道路に登って逃げろと言いますが、ここ岡地地区は盛り土より高くてしっかりした裏山があります。
 こんな物作ってくれなくても、ちょこっとした避難路を作ってくれればみんな助かります。
 「命の高速道路」はここを通さなくて良いのです。

 朝日は都会の団地の裏の住宅のように、その高い壁の上から昇ります。
 海の方にだけ開けた地形ですから、風も入らなくなります。
 それでも、用地に掛からない人には補償金など入りません。
 誰が所有者なのでしょう?
 でも、市長も知らないほど内緒で引かれた図面ですから、運の良い人が誰になろうと違法性などあるはずが無いですよね。

 言えるのは、この景色が消えると言うことです。

     

  

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村

    




    

by je2luz | 2014-10-22 05:00 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21230117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by corekazmic at 2014-10-22 08:26
おはようございます。
故中上健次が生きていたら現状をどう見たでしょう?
誰が悪で誰が得するのでしょう?
Commented by je2luz at 2014-10-26 18:04
熊野市のトップは法に触れなければ悪じゃ無いと思っているようです。
もともと、こころの無い人なんですけどね。
オズの魔法使いのブリキのかかしは最後にこころを手に入れたようですが、この人は欲しくないようです、


<< 熊野の旅 もうすぐ木本の敬老会      熊野の旅 吉田大明神 木本以外... >>