LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 20日

熊野の旅 歓迎・・・おもてなし 主役の座

 かつては熊野市駅に降り、駅を出ると、駅前ロータリーには「裸婦の像」が立っていました。
 「歓迎」の文字が刻まれている台座の上で長年立ち続けました。
 それが時代が変わり、観光客に対しては「おもてなし」なんて流行り言葉を使うようになる頃には、「お役ご免」とばかりに主役の座を降ろされました。
 この「裸婦像」も熊野市が立てた物では無く、寄付して貰った物でした。
 
 この像の撤去は、今でも悪評高き駅前改造の一環でした。
 「なぜ、人に貰った物を撤去するのですか?」と、議会全員協議会の席で市長にたずねると・・・
 『あの像は、評判が良くないですから・・・』という答えでした。
 私もアンケートを取った訳でも無いし、特別好きな像という訳でも無いですが、この答えには???でした。
 市長本人か仲の良い顧問の教授かが嫌いだったとしか思えません。
 現に、撤去後の私の所への声も・・・
 「なんで取ったったん?」
 「駅についてあの像を見たら、帰ってきた、と思えたのに・・・」
 などと言う声ばかりで、「無くなって良かった」なんてありませんね。

 で・・・
 捨てられそうだったのですが、貰った物を捨てるなんて失礼なことはいくら何でもおかしいので、お引っ越しと言うことになりました。
 でも、行き先が・・・
 「歓迎」という文字もそのままなのですが、なるべく人目に付かないように・・・と思ったのでしょうね。
 山崎運動公園の一角なんですけど・・・
 何だか寂しそうです。
 気になる方は会いに行ってあげて下さい。
 テニスコートの裏手です。
d0045383_23295768.jpg

 秋の雑木林・・・
 先日載せた脇の散策ミニは葉が落ちて日当たりは少し良くなっても、ほとんど人気は無し・・・
 主役の座を足洗場のような噴水に奪われた彼女の立ち姿は、寂しそうです。
 でも、潰して融かされなかっただけ良かったのかも・・・
 行く末を問題にして良かったのでしょうね。
 それとも、こころ無き施政者に消される方が良かったのか・・・

     

  

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村

    




    

by je2luz | 2014-10-20 05:26 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21224249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 吉田大明神 木本以外...      熊野の旅 こりゃあ大変だ! 錦... >>