LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 19日

熊野の旅 こりゃあ大変だ! 錦の御旗献上行列

 今日、有馬町で「第2回 錦の御旗献上行列」はありました。
 一昨年、第1回をやったのですが、昨年は休みました。
 今年は、「熊野古道世界遺産指定登録10周年記念事業」の予算を付けて行いました。
 なにしろ、伝承が無い物を復活させるのですから、決まりなんてありませんし、一回目と二回目では結構違って居ます。
 一回目と二回目、両方見た人もそんなには居ないでしょうし、問題は無いとも言えるのですが、私のように門外漢からすると、どの時代を想定しているのかも判りません。
 ものすごくきらびやかな行列です。
 天皇から花の窟神社へ、錦の御旗を献上する行事ですから、それなりに大変な物だったのでしょうね。
 ただ・・・
 この「錦の御旗」が熊野川の洪水で流されちゃったので行列も無くなった・・・てえのが不思議です。
 
 この行事、姫様が二人、舞姫が数名、旅姿の女官が二組で20人ほど・・・子供の稚児さんとかが20人ほど・・・神官とか宮仕えとかが居て、位の低い人足風のが居て・・・
 私は最後の記念写真は撮っていませんが70人とかの大きな仮装行列です。
 これを整えて、歩かせるだけでも大変でしょう。
 この姫様とかは公募しますが、参加費用が居るようです。
 熊野市の予算から200万円の補助が出て、職員の応援もありますが、とてもじゃないが足りないでしょう。
 なにしろ、これだけの人員に衣装を用意するのですからね。
 十二単まで着せていますから、参加費を取らないと・・・
d0045383_16433315.jpg

 由来だとか伝統だとかの前に、これを有馬で維持するのは大変でしょう。
 残念ながら、奥有馬でも口有馬でも、認知度が低いです。
 地元、膝元で認知されないことには無理でしょう。
 費用のほとんどが他所に流れる「イベント」では続きません。
 見物人の数がそれを物語っています。
 「田舎の大勢」では・・・
d0045383_16505199.jpg

d0045383_1651153.jpg

 ポスターやパンフレットも作ったのでしょう。
 「広報くまの」にも載りました。
 ローカル紙にも何回か載ったでしょう。
 でも、市民の関心を引かない・・・
 イベントが多すぎるだけでは無いようです。
 私が顔を出すのは全体の一割も無いのです。
 人口・・・18000なんです。

     

  

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村

    




    

by je2luz | 2014-10-19 16:54 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21222960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 歓迎・・・おもてなし...      熊野の旅 空き家問題 >>