人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 11日

熊野の旅 清流27号 駅前工事は今年度がタイムリミット

駅前工事は今年度がタイムリミット

 ずっと取り上げてきた駅前の電線地中化の工事、去年の工事は一昨年の予算、今年の工事は去年の予算、など「繰越し明許」と言う手法で遅れを誤魔化し続けてきています。
その事をも問題にしていますが、その手法でも今の工事は今年度末で終わらないといけなくなっています。
 道路に面した人も余り賛成していない物だし、亀齢橋寄りは下が沼でバラスの地盤、旧百五の辺りは石英粗面岩の恐ろしく固い岩盤・・・難工事なのですが、10月なのにまともに工事していません。
これに付随する景観整備とかの事業も地元の合意がとれていません。
 その工事の補正予算は付帯条件付きでやっと可決しました。こうした問題も、市の体質が原因でしょう。
 何しろ、公共事業で飯を食う土木業界にも、市の手法に対する不満が渦巻き火をふきかける状態です。
 ほとんど同じ所に原因があるのですが、生まれついての性格とかは中々変わりません。
 本当に困った状況なんです。   
d0045383_23292712.jpg

      (ここまで清流に掲載)
 目下工事中ですが・・・
 工事に掛かってすぐに、地盤の読み違いで民家の基礎部分の土地がどんどん崩れました。
 亀齢橋から駅に向かう部分は、元は沼でした。
 それを、浜の砂利をトロッコで運んで埋め立てた物です。
 私が中学の頃だったと思います。
 土など一切入れずにひたすらスコップでトロッコに砂利を乗せ、発動機で引き上げていました。
 その一部になるところで、民家のすぐそばを掘ったのですが、綱矢板がいい加減だったのか、流れ出したのです。
 暫く工事が止まり、近所の人もこの工事のいい加減さを怖がっています。
 基礎の下が流れ出たのは、ちょこっと砂利を押し込んでも固まりませんからね。
 コンクリートもヒビが入っていますがどうなる事やら・・・
d0045383_23393916.jpg

 これの付帯工事の補正予算は「付帯決議付き」でようやく可決した位です。
 まあ、今となっては、この工事に賛成している人はほとんど居ません。

     

  

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村

    




    

by je2luz | 2014-10-11 05:26 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21196556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 この地方の中核病院 ...      室戸台風の再来? >>