LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 26日

熊野の旅 地方議会 地方議会議員 1

 私は地方議会の議員です。
 最近はすっかりこの仕事も脚光を浴びていますね。
 余り良い方では無いですけどね。

 私のいる熊野市議会では基本的な報酬以外には登庁手当だとか、日当だとか、政務調査費などありません。
 今の議員報酬は34万円です。
 これが全てです。

 よそでは他に手当を付けたり、「政務調査費」を付けたりしているようです。
 話題になった兵庫県議会などでは月に50万円だったのだそうです。
 先日事件を受けて一割カットで45万だとか・・・
 三重県議会では個人に18万円会派には減額中だそうですが一人当り8万4千円・・・つまり、一人、一ヶ月26万4千円使えるらしいです。
 確かに忙しく走り回っていますけど、まあほとんど公金なんですね。
 自分の給料は温存なのかな?
 法律では認められているのだし、条例もあるのだから、どうぞお使い下さい・・・ と言いたいのですが・・・
 こんな風にお金が使えるようになってからでしょうか、地方議員がやたらと中央政党と繋がりたがるようになったのは・・・
 「市民党」なんて泥臭いのは面白くないのでしょうね。
 でも、地方議会が国会の縮図になったのでは住民は救われませんね。

 我が熊野市には「政務調査費」はありません。
 まあ、付けたとしても月額10万なんてあり得ません。
 私のように機関誌を出していても、年4回で20万~25万位で済みます。
 これは「政治活動費」なのですが、公金にして良いのかどうか迷います。
 ブログだって政治活動になると言えばなりますね。
 でも、これも迷います。
 お金が沢山あるに越したことないし、余裕があれば、もっと、広報活動も出来るでしょうけどね。

 議員報酬は市民の話題になるけど、「政務調査費」などと名を変えた物は、今のように事件があって話題にならない限り、世間には忘れられてしまいます。
 報酬を上げると市民や県民に叱られます。
 でも、「政務調査費時給条例」なんてのは、見過ごされます。
 扱い上、議員の所得では無い事になりますからね。

 むかし、こうした手当を付けるなんて議論があったこともあります。
 その時は、使い道の明朗性確保、付けていない現状での議員活動で、それに当たる支出はそんなに無いのでは無いか・・・そんな議論が出ている時に、やっぱりよそでおかしな用途で騒ぎが起きたりして採用しませんでした。
 難しいんですよね。
 本当に真面目に申請し、使わなければゼロでも良い・・・
 そんな風にみんながなれればね。
d0045383_0231197.jpg


     

  

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村

    




    

by je2luz | 2014-09-26 05:30 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21149132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 意外と使われない最短ルート      熊野の旅 土地の管理、道の管理 >>