LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 22日

熊野の旅 熊野市駅の現状 2

 昨日に引き続いて熊野市駅の置かれている現状です。

 駅前に関し、一昨日書いた左側で「廃業中の飲み屋さん」と書いた店は、経営者・看板が変わって「飲み屋さん」が出来ています。
 今度は右側ですが、最初の角地は、元駅前食堂・旅館だった建物ですが、今は熊野市のもので「有限会社熊野市観光公社」が入っています。まあ、観光案内所も兼ねています。
 次が昔からある「駅前食堂」でめはりやサンマ寿司も食べられます。そして、隣が「ミカン屋さん」で、熊野の人が贈答用に発想する時によく使う店ですが、いわゆる、「店作り」にはなって居ません。
 それから右に掛けては空き地、空き事務所、「弁当屋」「移転してしまった寿司屋」、」眼鏡屋」「空き家」銀行」「CATV」ですね、
 向かい側、駅のサイドは「お菓子屋」「文化会館」「廃業した旅館」「散髪屋」「「土建屋事務所」「パーマ屋」「雑居ビル」かな?
 この様に、現在営業中の店は非常に少なくなってしまっています。
 駅に人が居ないのですから、いわゆる「駅前」と付く業種も駄目になっています。
 ほとんどのローカル線駅前はこうですね。
 昔は、『特急停車駅でなくても駅前食堂の一軒位はあったものです。
 準急でも停まれば大したものだったのです。

 今の熊野市駅のダイヤは
 下り新宮方面行きは、朝5時15分熊野市駅始発の各駅停車に始まって、22時53分の特急ワイドビュー南紀7号までです。
 各駅停車が10本、定期便の特急が4本です。
 17時間半で14本です。
 まか不思議なのは最終の特急が着いた時には各駅停車が発車してしまっているようです。
 最終で帰ってきた有馬から先の人は迎えに来て貰うかタクシーか・・・
 
 上り亀山方面は、朝4時48分熊野市駅始発の各駅停車亀山行きから、21時46分発各駅停車紀伊長島行きまでです、
 各駅停車が11本、定期便特急が4本です。
 17時間で15本です。
 各駅停車ですら毎時一本とまで行かないのです。
 上下合わせても一時間に1.6本です。 それでも満員ならねえ・・・

 列車編成は各停が2両とか・・・特急が4両編成が基本だと思います。
 鉄道は小回りが利かないので利用はしにくい面もあります。
 田舎ではうんとお年寄り以外は一軒に一台の軽四輪が生活スタイルです。
 だから、汽車にもバスにも乗らない・・・
 でも、運転できなくなると・・・

 この運行状態で地元の人も乗らないのですから、「駅」と「乗客」を相手に商売は成り立ちません。
 熊野市駅はそれでも町の中にあるし、市役所も図書館もあるので格好は付いています。
 そして、県立木本高等学校があります。
 熊野市としてはこの木本高校を大事にしないと、乗降客無しの駅になってしまいます。
 競合する県立紀南高等学校は戦後の高校進学率が上がった時に作られた物ですが、木本高校の方は戦前の旧制木本中学校と旧制木本女学校が戦後の学制改革で高等学校になった歴史もありますから、存続競争には有利なのです。
 それでも、生徒さんに「木本高校へ行きたい」と思わせる学校と、町にしないといけません。
 何しろ、見込める生徒さんが南郡を合わせても200人とかになってしまうのですからね。
 「生めよ、増やせよ」が通用する時代ではありません。

 ものすごく混むと思っている花火の日でも。今年なんかは利用者が9500人を切っているのです。行き帰りを合わせても2万弱・・・この数字は普段の近鉄桑名駅より少ないのです。
 田舎だと思う名張でも近鉄名張駅と桔梗が丘を合わせると花火の日より多いのです。
 これが一寸した駅の平常な乗降客数なんです。
 それでも、今の時代駅前って大変なんですからね。
d0045383_2154799.jpg

 「集落統合」が必要な時代ですが、「商店集約」もやらないと駄目でしょう。
 今走り出した、オンデマンド交通体系が機能するにしても、今のように歯抜けだらけ、飛び飛びのお店では客は回れません。
 このさき、スーパーもホームセンターも引き上げる時代が来ます。
 人口が半分になったら今の大手の床面積は維持できません。
 その時までどうして地元商店を残すか・・・
 先の読み過ぎでしょうか?
 市営の土産物屋では無く、市営の食品店をやらなくてはならない時代が来そうです。
 その時代までは私は生きられませんけどね。
 でも、布石を打っておかないといけないのかも知れません。

      

  

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村

    




    

by je2luz | 2014-09-22 04:50 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21135389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by CorekazMIC at 2014-09-22 05:07
おはようございます、はじめまして!

当然ながら熊野にも古道以外に町もあるわけで、写真と本文共々興味深く拝見しました。
じっくり鑑賞させていただきたく、リンクさせていただきました。
今後ちょくちょくお邪魔させていただきますので、どうぞよろしくお願いしますm(__)m
Commented by je2luz at 2014-09-22 17:48
CorekazMIC さんへ
 ***
 10年ほど書いていますので、実に雑多なブログになって居ます。
 それでも大勢の方が読んで下さるので書く張り合いがあります。
 職業柄知り得ることもありますが、いわゆる公務員の秘守義務の対象外とは言え、書いては好ましくないこともあります。
 まあ、出来るだけ真実を伝えるように心がけています。


<< 熊野の旅 熊野市のバス路線事情      熊野の旅 熊野市駅の現状 >>