LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 17日

熊野の旅 そんな事したって 熊野市駅前

 私がこの数年、ずっと言ってきていること・・・
 熊野市駅前に巨費を入れたって、観光客は増えないって事・・・
 確かに「ワイドビュー南紀」なんて特急は停車するけど、昔と違い、もう、観光客が列車からぞろぞろなんて無いのです、
 そして、駅前を手直しして、他所の液と同じようになったからって、そんなものに引かれて熊野市に来たくなるなんて。変なコンサルタント位しか思いつきません。
 紀伊長島駅前も整備されてきれいですよ。
 和歌山駅もきれいになったはずだし・・・
 全国駅前再開発だらけです。
 みなさん、それを材料に旅に出ますか?
 というより、たまたま降りた駅がきれいなだけで、駅前がすっきりしているからってその土地にもう一度行く理由にはならないでしょう?

 熊野市駅前には市民も馬鹿にする「噴水」が出来ています。
 池も無い地面からちょろちょろ吹き出す噴水・・・
 一人前に406.350円の保守点検委託料がかかっているのです。
 これは壊れなくても毎年かかるのです。

 そして、不思議な会計処理の電線地中化事業も行われています。
 昔のDJじゃあないですが、『去年の工事は一昨年の・・・今年の工事は昨年のお金・・・』
 毎年毎年「繰越し明許」でこなせもしない予算を計上してきたものです。
 そして、民間には手を貸さないはずの「熊野市」が駅前商店だけお金を出して店先をきれいに・・・
 今年は補正まで組んでやりたいそうで、825万円計上してきました。
 自分がやりたければ道理なんてお構いなしなんですね。
 駅前のお店がきれいなテントを歩道に突き出したからってどうなの?
 巨費を掛けて電柱も電線もなくしたのに、ちょろこい突き出しアーケードを作るのって趣旨に反するでしょう??
 そんなもの何人見に来るの?
 また、市民の感情を逆撫でするだけでしょう?
 まさか、いまだにH教授の亡霊に動かされているのでは無いでしょうね。

 さらにさらに・・・
 このプロジェクト、今年度で終わらなかったら、「繰越し明許」のお目こぼしももう効きません。
 国や県に謝ってお金も返さなくてはならないはずです。
 一部では岩盤掘削という難工事もあるのですが、まだ着工していません。
 期日を越えないか、国に嘘つかないかも監視の必要がありますね。
 
 今では駅前工事・ふるさと公社と言うだけで予算も決算も焦げ始めます。
 ずっと「おかしい」「不必要」と私も言い続けてきたし、市民も言っているのに推し進めた結果です。
 こんな事業、ただじゃあないんです。
 巨費と投じているのです。
 一部の人は「いいね!」なんて言いますが、市民、国民として無責任ですね。
 国の予想では、もう少しすると。「街が消える」と言われているのですよ。
 地道に生き延びることを考えないといけませんね。
 確かに、個人と違って行政は貯蓄しないことになって居ますけど、要らないものを作りまくる時代では無いのです。
d0045383_23414586.jpg

 きれいでしょう?
 見る人が居ないだけなんです。
 熊野市民でどれだけの人がこれをきちんと見たでしょう?
 そして、当局の説明のように「観光客」が見に来たでしょうか?
 こんなので観光客が増えると説明するって、熊野市民をも熊野市議会をも。そして観光客をも馬鹿にしていますね。
 ここへ来て、ようやくこうした物への風当たりが強くなりました。
 来年はどうするのでしょうね?
 いや、今年の予算を予定通り強引にこなすのでしょうかね?
 例の「熊野古道世界遺産指定登録10周年歓迎事業」の1億3千万円のことです。
 確かに、執行権は市長にありますけど・・・

     

  

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村

    




    

by je2luz | 2014-09-17 05:54 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21119625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 木本神社秋の例大祭      明日は休日 >>