LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 13日

熊野の旅 9月議会一般質問 第一項目

 一般質問が終わり、決算審査に入っています。
 決算審査は監査委員の審査が通った物が、議会の審議に付されます。
 これは「認定」と「不認定」がありますが、例え「不認定」にしても、市長は法的には痛くもかゆくもないのです。
 ただ、社会的には不信任に近い議決と言うことで、マスコミにも書き立てられます。
 法的に効力がないからと言って、どうでも良い訳ではありません。
 この審査過程で、予算執行の実態が見えてくるし、審議され、注意を受けることによって、この先の予算組みや執行に議会の意向が反映されるのです。
 この決算審査が形骸化したら、役人天国になるのです。

 私の一般質問の要旨と答弁の要旨を書きます。
1.熊野市組織条例や組織規則と職務・予算執行について
 熊野市には組織条例などに基づいて、各課が置かれ、それぞれ、条例や規則で決められた業務を定められた予算によって行っていると思います。
 議会に提出される予算などもその原則に則って執行されるとして審議しています。
 ところが、7月に行われた「熊野古道世界遺産指定登録10周年歓迎花火打上事業」は環境対策課と水道課によって行われたと聞いております。
 例規集の何所を見ても、この二つの課が「歓迎花火大会」を行う根拠は見当たりません。
 この事業の実施と予算執行はどうしてこんな形になったのでしょうか。
 ここまで、条例から外れても良い物なのでしょうか?

 これは7月に行われた「熊野古道世界遺産指定登録10周年歓迎花火打上事業」を実施したのが「環境対策課」と「水道課」という、一般的には耳を疑う物だったことを問題にしたのです。
 このために「熊野市組織条例」「熊野市の水道事業の設置に関する条例」、付随する規則、そして、その花火大会の役所の作った集計などを印刷して議場で配布してありました。
 ついでに、ここに載せた、「人が居ない花火会場」の写真も配布しておきました。
 条例を配布しないと聞く側の議員さんには解りにくいし、数字と写真も無いと役所側がいい加減なことを言えますしね。一応、『逃げ道だけは蓋しておき又。

 条例・規則には例外、除外事項を定める条項があり、「各課の業務の規定を越えても良い」と言う条項もあります。
 だからと言って、緊急でもない遊びの事業で「課の業務など関係ない」とばかりに条例や規則を運用されたのでは、お役所がたがたになります。
 市長も横暴が止められなくなります。
 特に、「水道課」は普通の課と違い「水道業務を行うため」別途の条例で設置され、予算会計も「熊野市水道特別会計」で運営される、市長部局とは別の団体なのです。
 それを「世界遺産指定登録10周年歓迎花火打上事業」の担当に割り当てるのは、条例違反に限りなく近い行為なのです。
 質問でも、その点を追求すると、「渡り規定を適用するにはいささか無理もある」と、認めざるを得ない事態なので、当局も「問題ない」とは言えませんでした。
 「やり込めてすっとすれば良い」と言う筋の物でも無いので、今後の行政遂行では、この様なことが無いように厳重に釘を刺して納めては置きました。

 長期政権というかワンマン体制が続いていたから起きるべくして起きたことです。

 実は、この後の決算審査でもこの様なルーズさが問題になり議員多数が怒るという事案もありました。
 今の議会の流れは、以前のワンマン野放し体質とは様変わりしてきています。
 その為に、私は、以前から市長の市政運用のおかしさを指摘してきたのです。
 根気よく表に出し続ければ議会も市民も変わります。
 でも、今の所、市長は議会や市民の変化に気付いていないようです。
 ひたすら私を嫌っているのだとか・・・
 私を嫌うと言うことはかなりの数の市民を嫌っていると言うことにもなると思います。
 私が言い続けている事への賛同者が随分増えているようですからね。

 行政の基本はきちんと守り、役所のご都合での運用はさせない。
 行政の基本は市民本位で無くてはならない。
 当たり前のことを言っているだけなんです。
 これをやらないと熊野市は良くなりません。
 熊野市は熊野市民の物です。
 市長個人やその取り巻きの物ではありません。

 うるさい議員ですね。
 でも、これをやるために市民の方々が私を議会に送り込んだのです。
d0045383_0575762.jpg


     

  

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村

    




    

by je2luz | 2014-09-13 05:12 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21106570
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 9月議会一般質問 三...      熊野の旅 熊野市民は救われない・・・ >>