LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 06日

熊野の旅 9月定例会一般質問 3 イベントの観衆水増し問題

三項目目の質問です。
 熊野大花火大会の来場者数とか駅前イベントに来場者だとか、色んな物の観客数が「主催者発表」「大本営発表」になって居る問題です。
 新聞などの格好良く水増し数字を出すだけなら、市民や有識者から疑問の声が上がり。」一部で笑われるだけで済みますが、この数字を元にせいかを評価するのです。
 少々では無い加算した数字で評価すれば。ほとんどの事業が「大成功」になります。
 そこには反省など出て来ません。
 と言う事で、市が発表する管理駐車場の実際の車やバスの数。JRの発表した熊野市駅の乗降客数を元に、住民や一般車両を推測で加算した数字を私なりに作成しました。
 この資料は議場で議員各位と理事者側には5部はいふして、それを元に質問します。
 そうした数字などは読み上げてもまるで分かりませんからね。
 時間短縮の意味もあります。

3.イベントなど、施策の効果の検証が不十分では無いのか
 花火の来客数昨年が20万、今年が17万とか・・・
 代表的なイベントの「熊野大花火大会」でも一般市民が耳を疑うような成果が発表されます。他の、イベントもほぼ同じ傾向です。
 主催者発表だから多くても良いだろうという物では無いでしょう。
 数字だけならまだ良いのですが、そうした物を元にした実績評価では、実態とどんどんかけ離れて行くと思われます。
 「高速道路完成記念花火大会」「世界遺産指定登録10周年記念花火大会」「熊野世界No.1フェスティバル」など、多くのイベントが市民の目から見れば無駄遣いです。
 一度、違うサイドの人を含め広い範囲の見解を聞いてみる気はありませんか?
 ちゃんとした成果の検証無しで、イベントを継続するのは好ましくないと思いますが如何でしょうか?

資料
熊野花火大会実績 集計

公的数字 整理済み2011 2012  2013    2014

  降車  上り  5,398  5,165  5,150  3,664
       下り 7,965  7,959   9,039  5,760
JR利用者 合計13,363  13,124 14,189  9,424
  乗車 上り  6,457   7,430   7,706  4,751
      下り  5,101   4,652   5,240  3,883
      合計 11,558  12,082  12,946  8,634


シャトルバス  10,304  11,060  15,637  10,114

指定駐車場乗用車3,532  3,806   4,605  3,279※
   観光バス台数 148    149    128    137
人数 乗用車✕4 14,128 15,224  18,420  13,116
観光バス✕40   5,920  5,960   5,120   5,480

公的集計  合計33,411  34,308  37,729  28,020 ●1


中田征治  試算

       熊野市民            18,000  18,000
         南牟婁            21,000  21,000
                         39,000   39.000
   地元観客     ✕03               11,700 ●2


加算乗用車把握外※✕4  13000台      52,000   ●3

推定来場者数        ●1+●2+●3=推計91,700 名

参考・・・甲子園定員47,800名 観客席延長約350m

 形が崩れて見にくいでしょうけど・・・
 南郡熊野の住民の1/3が車を使わない出来てくれたと仮定して加算しても、91700人止まりなんです。
 甲子園球場のスタンドを横に並べると松原までには三個は入りません。
 どう頑張っても20万も17万も居ませんね。
d0045383_23505292.jpg
 

     

  

   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

にほんブログ村

    




     

by je2luz | 2014-09-06 05:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21084347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 あと一時間・・・ 紀...      熊野の旅 9月議会一般質問 2 >>