LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 30日

熊野の旅 紀勢自動車道 熊野道路説明会

 昨夜は金山の集会所で事業認定なった、近畿自動車道紀勢線熊野道路の説明会がありました。
 説明主体は。国土交通省 中部地方整備局 紀勢国道事務所でした。
 地質調査と測量に入る前の地元説明会の第一回目です。
 市役所からも建設課が出席し、国の方からは所長さんや調査設計課の課長さんなどが来られていました。
 直接地権者とかという訳では無いのでどれくらいくるかな・・・と思いながら出掛けましたが、以外と大勢でした。
d0045383_21125475.jpg

 決定では無いかなり詳しく地図に落とし込んだ路線の図面が出されたので、「撮影禁止」になりました。
 自主規制で写真を撮らない聖域や神事の他で撮影禁止が出たのは、大昔のキャンディーズのコンサート以来です。
 あの時はカメラを没収されても次のを出して撮りましたが、今回のは頭に入れてこられますからね。
 でも、出すなと言われたものですから、わざわざ地図に落とし込んで出す気はありません。

 最初に想定していた物より段々下に降りてきた感じです。
 大泊の出口が想定よりうんと海よりだったから、当然、この区間も下に降ります。
 「そこ通れるんかいな?」と言う所もあります。
 石原大臣のように「最後は金目でしょう」なんて、こんな高速道路ではありませんからね。
 
 湯布院は高速を見えないようにしました。
 そんなことは望めませんが、盛り土で集落の分断って出来るのでしょうか?
 そのそばに出来たばかりの熊野市水道井戸水源もあります。
 その辺りも考慮するようには注文しておきました。
 もちろん、地質超セでは活断層もきちんと配慮して貰いたい旨も申し込みました。
 個人的には何も利害が無い項目なのですが、大事な事だし、ボタンの掛け違いは中々修復できませんからね。
 どうせ作るのなら、スムーズに出来る方が早くて安いのです。

 前回の説明会への出席とか要望事項は国道事務所も記憶してくれていましたし、今の時代は住民の希望、要望も結構聞いてくれますからね。
 でも、こうした時に発言する人って少ないです。
 私は立場上、発言しよい面としにくい面もあります。
 無理は言えても無茶は言えません。
d0045383_21504451.jpg

 これが今度の区間の断面図です。
 今までの区間は「暫定2車線」
 今度の区間は「二車線道路」
 つまり、二車線で完成・・・
 設計速度が80KM/hだから、高速道路には違いはありません。
 これを見て、当初計画の見込み交通量の見直しがあったのかどうかの質問は取りやめました。
 二車線完成と言うことで言わなくても・・・なのです。
 4車線で作れという声は当然あるでしょう。
 車があるかどうかなんて関係なく欲しがるのですからね。

     
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    

by je2luz | 2014-08-30 05:04 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/21061379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 紀勢自動車道熊野道路...      熊野の旅 防災訓練終了 >>