人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 31日

熊野の旅 熊野古道歩きと公共施設 郷土資料館 2

 郷土資料館についてもう少し書きたいと思います。
 郷土資料館の建物は白塗りの蔵を模したこのと思われますが、中も蔵のように狭いものです。
 どうせ一杯になるほど宝物など無いから・・・と言う感じで作ったのでしょうか?
 二階建ての建物も展示スペースには狭すぎる感じです。
d0045383_11354777.jpg

 大体、田舎のこうした所にはさほどのものは無いことが多いですね。
 城下町などではお殿様が居て武士が居て・・・つまり、行政機関があったので記録文書も残っているし、槍・刀・甲冑の類も残されています。価値は別にして展示物としては最適です。文化的にも城下町は経済の中心でもあるのでそれなりに文化も発達しています。そうした遺産も残っています。
 ここ熊野の地は紀州藩の僻地でした。古くは日本に神社が生まれる時にはイザナギ・イザナミのような神々が住んでいるほど重要な土地だったようですし、縄文とかの土器とかも出土するようですが、およそ歴史がはっきりするような時代になると全く空白地帯になっています。
 このように熊野が歴史の上で空白になっていることを『意図して消された地域』と考える向きもあります。
 しかし、気候温暖で飢え死にの危険の少ないこの地方は原始時代には住み良かったでしょうが、『国』と言うものが生まれてくると、平野が全く無い・・・国の基盤が無い・・・所なのです。紀伊山地は北からの侵入を防いでくれますが、裏返せば進出の道も無いということです。この地方を押さえる豪族とは所詮地方豪族の域を脱しないと言うことです。やる気があれば、とうの昔にこの地を出て畿内に移っているはずです。
 たまに少し目立つと『神武東征』とか『坂上田村麻呂の鬼退治』で叩かれるのが落ちです。そういう意味ではこうして消された空白地帯かもしれません。
 残ったのは『神々の里』として信仰の対象・・・『霊場熊野』だったのでしょう。

by je2luz | 2005-10-31 11:37 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/2101046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野古道歩きと公共施...      熊野の旅 熊野古道歩きと公共施... >>