人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 28日

熊野の旅 花火まで20日 花火について 2

 花火はスターマインなどと呼ばれるうち揚げ物と仕掛け花火に分類されます。
 会場の条件次第では、打ち上げない、「自爆」という物もあります。
 熊野の花火は会場が海岸・海上であるので、「海上自爆」という物がやれます。
 遊漁船を使い、高速で走りながら花火の玉を海中に放り込んで爆発させるのが普通の海上自爆です。
 花火が開く半径の関係で船がその中から脱出できるのは尺玉までみたいです。
 観客席との距離もそれによって変わります。

 熊野では「三尺玉海上自爆」もあります。
 三尺玉になると開く大きさが600mにもなるので、導火線に火を付けてから船が逃げ切るまで結構に時間かかっています。
 無線による点火は簡単ですが、障害による誤動作が怖いですよね。
 手動点火して逃げるとなると、いくら頑張っても船ですからね。

 さすがに三尺玉となると、爆風がすごいです。
 我が家の真ん前の沖でやりますが、爆風で体が押されるだけで無く、家が押されるのが分かります。
 花火の大きさだけで無く、この爆風と音を味合わなくてはいけません。
 花火はどれも遠くで見たのでは駄目ですが、自爆物は殊にそうです。

 かつて、三尺玉を打ち上げたこともありますが、上でやってもすごいですが、こうして、ぎりぎりの近さで自爆させる方が迫力があります。
 打ち上げる場合、海上に据えた筒の揺れによる方角のずれ、打上力不足の場合の危険度などから計算されて位置は結構遠くなりますからね。
 自爆はそうして安全率はあまり大きく採らなくて良いようです。
d0045383_21413629.jpg

 いつも思うのですが・・・
 世の世には運の悪いやつって居ますよね。
 この海上自爆は海面で花火が爆発します。
 人間は立ち入り禁止になって居ますが、魚には通告されていません。
 三尺玉は浮きのついた筏に乗せて浮かべてあります。
 好奇心の強い魚は多分よって行くでしょう。
 そして、いきなり、「ドカーーン」です。
 運の悪いやつは死んだり気絶したりするでしょうね。
 東南アジアのダイナマイト漁みたいに・・・
 漁師さんにそんな話し聞いたこと無いですけど・・・

     
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    

by je2luz | 2014-07-28 05:15 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/20950995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 都会資本の顧客囲い込み      熊野の旅 花火まで20日 花火... >>