人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 16日

熊野の旅 PR活動とNET利用

 私が最初に議員になった頃は、世の中まだデジタル化されていませんでした。
 ようやく、「ワープロ」が普及し始めた頃でした。
 パソコンはまだDOSの黒い画面でしたね。
 役所も一部にワープロが入っただけで、公式文書が「日本語タイプライター」で打たれていました。
 ワープロもほとんどの物は「倍角」とは言うものの、横サイズが倍になったぺっちゃんこの字を使っていました。
 私は大枚40万あまりを払って、4倍角の文字が打てるやつを買いました。
 そして、議会関係の文書を一部代行したりしました。
 文字はジグジグ・・・
 それでも、手書きよりは読みよいし・・・

 そして、パソコンがようやく使える段階になって来た時に、PC9801FAを買いました。
 3.5インチフロッピー内蔵のはしりでしたね。
 今から見れば、おもちゃのような・・・
 安くなりかけては居たのですが、それでも軽四輪一台分!

 役所では水産課だったっけ・・・県からの支給で富士通のが入ってきましたね。
 そんな時代でしたから、「パソコン」と口にするだけで年配の課長さんとかには敬遠されました。
 それから、徐々にPCが役所にも入っては来たのですが、その部門では後進地でしたね。
 いや・・・
 いまでも、ここの市役所は後進地でしょう。
 庁舎内のLANの速度は恐ろしく遅いです。
 ISDN時代を思い出させる物です。
 とてもじゃないが、NETなんて使える代物では無いです。

 そんな関係かな?
 熊野市の公式HPからのリンクが切れまくっていたり・・・
 観光協会のHPがまともに更新されなかったり・・・
 たまたま、私の方にクレームもあったので、一部確認して訂正箇所を申し出たのですが、その不都合を確認するのにものすごく時間が掛かる・・・
 係が気の毒な状態です。

 市の方針でも、NET[利用で「情報発信」等という言葉があったはずです。
 もちろん予算も計上されています。
 「情報発信」って言葉を嫌いな私なので余計に気になるのですが、あの速度を見て居ると。体に蕁麻疹の「発疹」がでそうです。
 今時、あんなのって珍しいでしょうね。

 しかし、庁舎内の環境を手直しするだけで数百万では済まないのかも・・・
 「電算」という言葉以来、こうした部門では巨費が吸い取られていますね。
 そういう意味から言えば、この電算の業界は「世界一」かも知れません。

 むかし、公式訪問でブラジル・サンパウロ州・バストス市を訪問した時・・・
 熊野市ではまだPCがまともに導入されていないのに、あちらの市役所ではほとんど全部のディスクに、モニターが斜めに落とし込むように据えられていて、ウィンドウズで走っていました。
 でも、国内では「日本はパソコン先進国」なんて言われていましたね。
 このようなごまかし報道は今も色んな分野で横行しているようです。

 PC・NET後進地の我が市ですから、その部門でのPRとかが他より遅れていても仕方ない???
 では済まない筈なんですけどねえ・・・
 職員がNETを確認するのも嫌になる・・・
 自宅に帰ってやりたくなる・・・
 この現状・・・
 どうしましょうか???

 12号台風のあとでも、私が状況をNETに載せていても、熊野市のホームページは止ったままでしたよね。
 電源が無いから出来なかったという言い逃れでしたけど、市役所以外はすぐに電気が復旧したし、NETも復旧した居たのですから、ノートパソコン一台で出来たんですけど・・・
 悲しいかな、そのレベルなんですね。
 個人的には出来る職員が居ても、組織としては理解もしないし対応も出来ない。
 まさに、日本の役所の典型なのでしょうね。
 誰が悪い???
 やっぱりトップかな?

 「世界遺産指定10周年」もうスタートしてるんですけどねえ・・・
 イベントのPRなんてお座なりになるのかな?
 予算消化のために一生懸命?
 市民の皆さん、もっと怒って下さいよ。
d0045383_23144159.jpg
 

    
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


    
熊野市周辺地図です


by je2luz | 2014-05-16 05:29 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/20709472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 ストロー現象を実感し...      熊野の旅 田植え・さなぶり >>