LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 02日

熊野の旅 年度替わり

 昨日で役所や会社では平成26年度に入りました。
 普通の新年は1月1日なのに、組織では4月1日・・・
 学校を外国に合わせて9月からにしようという話しもありますが、そうなると、新しい年が始まる日が3つになりますね。
 そうじゃなくても、平成26年度なんてのでも一般の人にはピンと来ないのにねえ。
 私も議会に首を突っ込むまでは、1月1日の新年だけに近かったものです。

 平成24年辺りから始まった、公共事業の事業費高騰とかで、去年になると入札日に業者が来ないとか、入札しても予定価格を大幅に超えて「入札不調」なんて事が起きています。
 更には人夫不足で工事が遅れて完成しない・・・
 普通だと、年度末にはきちんと終わるし、終わらなかったらきついお咎めがあるのですが、どうもこの頃は無い様な感じですね。
 なにしろ、土建屋が強気ですからね。
 
 熊野市内でも市の工事の市道・亀齢橋ー熊野市駅前の工事は年度末に関係なく工事中だし、県土木の木本堤防修景工事も年度をまたいで休み無く工事しています。
 記事を書いているのにどちらも写真を撮っていない・・・
 夜中に撮れる現場じゃ無いし・・・
 仮の写真を上げておいて、午前中に取り替えましょうかね。
 でも、天気は???
d0045383_8472841.jpg

 写真追加しました。
 2014年4月2日08時30分
 国道42号線木本町内本町バス停付近・木本堤防修景工事現場

 この、年度またぎ・・・ 事情があるにしても、正常では無いですね。
 こうしたことが続いたら、ろくな事は起きないでしょう。
 業者があまり弱い立場だと悪い役人が悪いこと考えるし・・・
 役所が弱い立場になると、業者がここまで来いの我が儘を言うでしょうし・・・
 この面でも、市民がしっかり目を見開いていないといけないでしょうね。
 少なくとも、どうしてこんなになって居るかを市民に説明する必要はあると思います。
 役所と業者だけで納得して良い事態では無いでしょう。
 
 こんなのに気がついてしまうって、うるさいことでしょうか?
 でも、原則が解っていてこその応用だと思いますからね。
d0045383_23555442.jpg

 このイルミネーション
 寂しいですね。
 「青い光は精神を落ち着かせるので犯罪が減る」なんて、イギリス辺りで言い出して、街灯も青いのが付けられた頃があります。
 このすぐそばの踏切の所の防犯灯が「青」です。
 「幽霊が出そう」と評判も良くないし、心理学的にも立証されていないとかで、その後の街灯には「青」が採用されません。
 でも、熊野市のイルミネーションは青や緑が基調です。
 幽霊まで行かなくても、「ゴーストタウン」に見えちゃいます。
 もう少し朗らかでも良いのでは無いかなあ???
 観光客を呼ぶつもりなんだそうですから・・・

 
  
   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    


by je2luz | 2014-04-02 05:21 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/20530572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 訂正とお詫び  番外 縁の下      熊野の旅 今日から新年度 >>