人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 22日

熊野の旅 映像散歩 木本祭り 6

 新出町 だんじり
 新出町(しんでまち)は木本町では木本神社の反対側の端に位置する町です。反対側と言ってもせいぜい500Mほどしか離れていません。
 この町内には稲荷さんがあります。
 木本祭りは色んな出し物が町内を巡行しますが、御神体を載せた神輿は巡行せずに、神社からこの稲荷さんまで来て一休みし、帰ってゆくというものです。従って、この町内が神輿を迎えに出向くと言う形になり、役町でも一番重要とされ、行列の先頭を進みます。
 町としては岩山が面積を占めているので戸数の非常に少ないところです。
d0045383_1119444.jpg

 ここは私の町内なのですが、子供が小さい時には子供の写真を撮りに出ましたが、山車事態を撮ったものがあまり無いようです。
 今年このコーナー用に祭りを少し撮ったのに、この山車の行列は撮っていませんでした。まさに枚数ゼロでした。この写真で25年ほど前です。
 ここの山車を引っ張るには子供達です。25年前でも子供が減って引っ張り手が足りない・・・と、町外へ出たところの子供も動員していました。ところが今の小学生の数はさらにこの当時の1/3以下です。新出町内の小学生だけですと、一家族2名だけです。山車はびくとも動きません。ずっと祭りに携わってきた人でも。今、綱を引いてくれる子供達の顔を知らないそうです。
 山車を取り仕切り、出しに乗って『伊勢音頭』を歌う人と引っ張り手の間につながりがなくなってしまいつつあります。しかし、私が平均的年齢より若い町内では子供が生まれる見込みは無いですね。祇園さんの引き手のようにアルバイト動員するようになるのかも・・・
 昔はこの町内の役員は大島を着て参加したそうです。今でも皆さん和服ですがウールになっていますね。酒をかけられるような祭りに大島など着てられませんからね。それでも、和服を着る伝統だけは残っていますね。

by je2luz | 2005-10-22 11:34 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/2042020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 映像散歩 木本祭り 7      熊野の旅 映像散歩 木本祭り 5 >>