LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 04日

番外 オリンピック前夜の日本

 嘘を並べてでもぶんどってきたオリンピックが動き出すようですね。
 前回の東京オリンピックは敗戦からの立ち直りを本格化するプロジェクトでした。
 そして、奇しくも今回は「戦後レジュームからの脱却」を唱える人が総理をやって居ます。

 私が東京に出たのが昭和36年・1961年です。
 まさに、オリンピックを錦の御旗にして東京の大改造が進んでいた時です。
 その当時に撮影した銀座の風景は先年訪れたハノイの風景にダブるようなものです。
 うそだろう!
 と言うほど、銀座もごちゃごちゃと汚いです。
 今残る有名店も今の二流店の雰囲気です。
 サイゴン(ホーチミン市)以下ですね。
d0045383_2391644.jpg

 でも、その頃の日本人は貧乏でしたが希望にあふれていたように思います。
 集団就職で上京しても、「店がもてる」「社長になれる」と胸一杯だったようです。
 今のアジアの子が目を輝かせるのと同じだったのです。

 それに比べ、同じオリンピック前夜でも今回は希望で胸を膨らませている若者が少ないようです。
 おまけに、「コントロールされている」などと、大嘘をついて持ってきたオリンピックですしね。
 昭和のオリンピックの時は、芋をかじって世界新記録を作った古橋広之進に熱狂した時代よりは、少し余裕が出ていたのですが、金にまみれた選手はまだ居なかったし・・・
 古い時代が良かったというのでは無く、今が少し狂っていると言えるでしょう。
d0045383_23173944.jpg

 その頃の熊野は、伊勢湾台風からの復旧が急速に進んだ時代です。
 木本堤防は嵩上げ工事が進み、大泊も堤防で囲われ・・・
 田村元と坪田誠が長期政権の地盤を固めた時代です。
 活気にあふれながらも、過疎への道へまっしぐら・・・
 高速道路が無くても、「高度成長」という引力が人も資源も吸い上げていったのです。
 熊野だけでは無く、日本中の田舎からです。

   
     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    

by je2luz | 2014-02-04 05:58 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/20313568
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by デフレ at 2014-02-04 06:02 x
今年の年賀はがきに「デフレを脱却し景気回復を・・・」と言う、どこの大企業の社長さんからなのかと思ってしまう内容のものが有りました。
なにを勘違いしてるんだろうと、笑ってしまいました。
むしろ一般市民としては、給料も上がらない状況では、デフレで物価も安く安定していたほうが暮らしやすいということもあるわけです。
妙に円安で、電気、ガソリン他、輸入関連等の物価が上がり、そこに消費税が上がれば、困ったものです。
アベノミクスなどと喜んでばかりいられないわけです。
先の年賀はがき氏が言ってるような、どこかで聴いたのか読んだのか知りませんが、評論家や、社長さんのようなわけにはいきませんよね。
テレビや、メディアが伝えることを鵜呑みにして、内容を精査せず勘違いしているのでしょうか。
それともそう確信しているのかもしれません。
自分の頭で、よく考えて、科学的に理解し判断しなければ、マスコミの思うように流されていきますよね。
Commented by je2luz at 2014-02-09 20:48
テレビのインタビューなどでも普通のオバチャンが「景気が良くなった」などと言いますね。日本ってそんなに個人投資家は居ましたっけ?
 それに、あれだけ上がっただけで無駄遣いできるほど株持っているんですか?  実に感化、洗脳され良い民族ですね。


<< どうやったら来るの?      熊野の旅 節分です 鬼か福か縁... >>