人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 02日

熊野の旅 天気はいかに?

 この記事は夜中に書いています。
 まだ、23時です。
 雨は降り出していませんが、星も出ていません。
 明日の朝目を覚まして、この記事をアップする時の天気やいかに・・・

 降っていると10時頃から本番の「花の窟神社・春の例大祭」「お綱掛け神事」は気の毒です。
 
 今日辺りから、中国の春節の煽りを食った、ものすごく汚い空気が日本に来る頃です。
 でもねえ・・・
 今と呼び名は違うけど、かつて日本でもこれみたいなのがあったよね。
 「四日市ぜんそく」「川崎病」なんてのの原因は大気汚染でしたからね。
 そして、そうした町はいつももやの中でした。
 飛行機から見る東京はSFの世界の都市のようにドームに入ったように見えました。
 コピー製品のことでもそうなんですが、日本には無かったがごとくほおかむりし、中国がさもひどい国呼ばわりするのもねえ・・・
 恥ずかしいと思わないのでしょうか?
 一部の人がやる「ヘイトスピーチ」でも恥ずかしいのに、大新聞やテレビまでが声高にやりますからね。

 確かに良いことじゃないし、早く対策しないと人民がかわいそうです。
 そして、下流の韓国や日本が迷惑します。

 こうなると降る雨も「酸性雨」の可能性が強いです。
 以前に、ゴミや場がで来た頃、申し込んで雨のPHを測ってもらって居たのですが、今はどうしているのかな?
 簡易的なものでも、データの変動は参考になるのですけどね。
 やって居ないかな?
 粒子が細かすぎて雨では洗い落としにくいのかも知れません。
 日本の酸性雨で銅像が溶けると騒がれたのですが、もう忘れたのでしょうね。
 ビルも溶けて鍾乳石が出来たし・・・

 忘れられる人は幸せです。

 「忘却とは忘れ去ることなり。忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ」
 「君の名は・・・・・・・」
 日本人の好きだったナレーションです。

 たまに「真知子巻き」した人を見掛けますが、呼び方は変わっているのでしょうね。
 それより、「真知子巻き」が何かが分からないのかも知れません。
d0045383_23305577.jpg

 昭和38年東京銀座 まだ都電が走っています。
 ネガからは面倒なので写真からです。
 この時にはもう数寄屋橋は消えていました。
 乗用車は「アメ車」ですね。
 今の中国みたいな状況の日本です。
 下が、西銀座、「数寄屋橋 ここにありき」の碑です。
 後は「富士フォト サロン」です。
 うちのクラブもここを使いました。
d0045383_23432880.jpg

 カメラはNIKON F 多分NIKKOR 28mm3.5 TRI-X 1600増感です。

   
     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    

by je2luz | 2014-02-02 06:10 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/20305334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 お綱掛け神事 小雨だ...      熊野の旅 如月 春ですよ >>