人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 25日

熊野の旅 飛鳥弁 熊野弁

 「弁」と言っても弁当ではありません。
 最近はブログでもフェイスブックでも食い物の写真を載せれば「いいね」の山を築く様ですけどね。
 ここの弁は言葉の方です。

 8年前にも取り上げたのですが、「こづき」って知ってますか?
 「こづきまわす」「どづきまわす」なんて物騒で野蛮な物ではありません。
 ここいら辺は南朝の落人とかが流れてきた雅な田舎ですから損な言葉は使いません。
 そんな時には「どし割ったろか!」とか「かち割ったろか!」と言います。

 「こづき」は関西で言う「はったい粉」です。
 大麦を炒って粉にした物です。
 健康食、美容食ですね。
 香ばしくって・・・
 これは、大体、お湯で少し溶かして食しました。
 溶かすと言っても、スープにしちゃうのでは無く、ホットケーキよりも硬く湿らせます。
 砂糖を入れたり、ほんの少し塩味にしたり・・・
 戦後の物が少ない頃のおやつや夜食でした。
 溶かすのはやかんで沸かした番茶でした。
 この番茶は「奥の番茶」・・・茶がゆを炊く番茶でなくてはいけません。
 御茶屋産で売っているような、二番茶。三番茶では駄目です。
 物の無い時代だから、甘たるくなるほどは砂糖を入れさせてくれませんでした。
 それでも美味しかった記憶があります。

 これを使った飴もありました。
 「かつぶし飴」と言った物で、粘りけの少ない飴でしたが、きなこで作った「げんこつ飴」と混同されるようです。
 どうやら、今でも九州では作っているとか・・・
 これも美味しかったですね。
 一度売り場を探してみます。
 トーストなんかより夜食には良いでしょう。
d0045383_23581820.jpg

 昨夜の花火・・・
 寒かったです。
 こんな時・・・
 熱々のお茶で「こづき」を練って・・・

   
     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    

by je2luz | 2014-01-25 06:05 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/20273137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 これ通じる? 飛鳥弁...      熊野の旅 寒中の花火 >>