LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 08日

熊野の旅 木本堤防補修工事

d0045383_2055479.jpg

 この工事現場、木本海岸堤防布袋町と新出町の境の樋門の所です。
 前に少し触れましたが、木本堤防も新堤防の本体が完成して30年ほどになりました。
 そのため、本体の内部のソイルフルの部分が沈下していると思われる所があり、天場のコンクリートは下がっていました。
 今回の修景工事の時に検査して貰った結果、補修の必要がある箇所が見つかり工事に掛かりました。
 ここから100mほどを直すそうです。
 ちょうど我が家の前になります。
 こうした堤防の痛みに関してはほとんど検査もされず、高潮とかで壊れるまで放置されるのが通常なのですが、木本堤防は色んな経緯で四半世紀も掛かった難事業になりましたので、こうして、チェックも行われ補修工事も行われます。
 ずっと関わり続けて良かったなと思います。
 この区間以外でも多少疑問のあるところもあるのですが、土木の方で検査したようですので取り敢えずは様子を見ます。
d0045383_2113728.jpg

 工事は天場のコンクリートを剥がして内容物を補充、突き固めてからもう一度コンクリートを流して天場を作ります。
 全部コンクリートで作れば良いのですが、日本の海岸堤防の規格は基本的にはこの工法のようです。
 木本堤防は前の部分は普通ですが、後から支える部分は昔の石積み堤防も抱き込んだ、厚みと重量のある物です。
 平均海抜が15mと言う高さもありますから、樋門がきちんと閉鎖されれば、昭和19年のような通常の東南海地震の津波には充分耐えられるはずです。
 それでも、今予想されている南海トラフの連動型巨大地震が最悪のパターンで起きれば越える可能性はあります。
 通常のは100年ほどの周期です、
 そして巨大地震は1000年だとか・・・
 今度のは100年目なのか1000年目なのか???

 神々の郷と言われても、大昔から色んな災害に襲われています。
 地元民のお供えが足りないのか、信心が足りないのか・・・
 「蟻の熊野詣」と言われるほど一杯お参りしていたようですが、全部他所の人ですからね。
 意外と地元の民衆はお参りしていないのでしょう。

ランキングの今年に入りバナー貼り間違えました。
改めて、ポッチよろしくお願いいたします。

   
     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村
    

by je2luz | 2014-01-08 06:20 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/20202678
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野の不思議      熊野の旅 鉄道も観光資源 >>