LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 06日

熊野の旅 平和なのか?話題も無いのか????

 今日の朝日新聞、三重県・熊野版
  第13版 25面
 記事の数 5
 「四日市工業廃水の同点劇」
 「クルマ作り未来を担う」 松阪工業高校
 「F1コースで消防出初め式」 鈴鹿 団員ら500人
 「名張でコンビニ強盗」
 「5日の卸相場」

 これだけなんです。
 三重版では無く熊野版でこれなんです。
 先日も書きましたが、三重県下の初日の出ポイントからも七里御浜・花の窟神社が外されました。
 そして、今日などは「熊野版」に熊野市も南牟婁郡も全く登場せず・・・

 これが現実なんです。
 三重県内でこの扱いなんですから、全国における立ち位置なんて想像できるでしょう?
 「熊野市です」と言えば・・・
 「ああ。和歌山県の方ですね。」と言われることが多いのです。

 この知名度のなさを乗り越えるのは大変ですよ。
 「世界文化遺産」に指定されて10年になるのにこの状態なんです。

 思えばアマチュア無線を始めた40年ほど前に、HF・7MHz帯で日本中に向かって・・・
 「CQ CQ CQ こちらはジュリエット エコー ツー リマ ユニホーム ズールー JE2LUZ・三重熊野」と叫んだ頃にはほとんどの人が、熊野市は和歌山県だと思っていました。
 更新した局数は1万局以上・・・
 50MHz帯でも5000局ほど…
 くどいように。「JE2LUZ 三重県熊野市、JCCナンバー2112」とがなりました。
 結構宣伝したのですが、せいぜいそれだけのアマチュア局が少し認識してくれただけです。
 そして、跡を継いだ息子も同じようにがなっていました。

 熊野の人は熊野市は有名だと思っています。
 花の窟神社も日本最古だから有名だと思っています。
 でもねえ…
 観光地のガイドがものすごく有名なように持ち出してくる文化人や昔話と同じで、かなりの博識じゃ無いとよく解らないものなんです。
 全国を旅して一杯経験しました。

 位置的に三重県だと認識しても、「伊勢の隣」程度にしか思わない…
 現実の100Kmの隔たりが足を伸ばす気を失わせます。
 高速があってもそんなに気分は変わりません。
 東京へ出たから沼津に立ち寄れって言うようなものなんですから…
d0045383_20115480.jpg


ランキングの今年に入りバナー貼り間違えました。
改めて、ポッチよろしくお願いいたします。

   
     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    

by je2luz | 2014-01-06 20:12 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/20198110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 鉄道も観光資源      熊野の旅 今度は駅伝 >>