LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 01日

熊野の旅 がら空きです

 今日は風が無くお天気も上々・・・
 初詣・初日の出迎えには最適な元旦でした。

 今の時代、何でも有名なところへ行きたがりなので田舎の小さな神社仏閣の参拝者はじり貧です。
 私は新出町稲荷・木本神社・飛鳥神社と三つを毎年同じ様な深夜の時間に回ります。
 多少の変動はあっても参拝者が徐々に減っているのを感じます。

 今年は花火を宣伝したので人は出ても新出町稲荷には寄ってくれず・・・
 かなりの減少です。
 接待用のぜんざいも残り気味・・・
 宣伝したのにほんの5分ほどの花火だったんですけどね。

 三脚を立てるほどのものでも無し・・・
 でも、三脚無しはぶれますね。

 初日の出を七里御浜で迎える人の数もさほど多くなかったです。
 この辺ではほんの少し人が居ると「一杯」になっちゃいますが、木本ー獅子岩ー羽市木ー花の窟神社の間を日の出の10分前に往復しましたが、車もゆったり止められているし、堤防にも浜にも人は居ましたが、がら空き状態でした。
 写真を撮ろうとする人が獅子岩で少し待機していましたね。
 私は以前に獅子岩を入れた初日の出を撮っていますから、今年は「魔見ヶ丘・マブリカ」を入れられるように三丁目の浜まで移動しました。
 何しろ、ここの海は島が無くのっぺらぼうなので・・・
 二丁目樋門の所に車を置いて浜に出ましたが浜には20名程度、堤防にも20数名程度しか居ないんです。
d0045383_14104160.jpg

 今日はすっきり晴れて風も無く、日の出を迎えるのに最適な日でした。
 それでも、遠くまでの空が重なってくる水平線上には薄雲がかかっています。
 海から直に太陽が昇り、すっと光の道が走るという年はほとんどありません。
 このように雲越しに赤い太陽が昇り、あの雲の帯を通り越すと光の道が出来ますが、一直線に水平線から足元まで・・・という風にはなりません。
d0045383_1414943.jpg

 日の出から5分あまり経ってからこんな光景になりました。
 これを撮るのに、三丁目まで出掛け、波打ち際まで・・・
 カメラを持っていなければ二階から見てお終いなんですけどね。

 朝日新聞が暮れに載せた「初日の出ポイント」には七里御浜・花の窟神社はありませんでした。
 色んな面でここは報道には載りにくいです。
 何もこんな遠くまで来なくても・・・なんでしょう。
 そうした記事に載るように普段からマスコミ対策をしておかなくては・・・

 高速道路が出来ても道路も空っぽです。
 少なくとも我が家の前の国道42号線木本海岸部分は昼間も夜もがら空きなんです。
 車を出し入れするには楽で良いですけどね。

 遠来の初詣客はいつも伊勢に向かうのですが、今年は尚更でしょうね。
 伊勢市内のバスのボディに「熊野市」を宣伝するペインティングをしてあるそうですが、気がつく人は?そして、それを見て「熊野に行こう」と思う人は???
 お伊勢参りに来た人がそれを見てここまで足を伸ばすでしょうかねえ・・・
 まあ、やらないよりましかな?
 その割りにネットの情報記事の更新が遅れ気味なんです。
 企画して予算をこなせば実績を作ったことになりますから・・・

 ネットをいじっている人全部が少しずつ語りかければそちらの方が効果があるように思うんですけどね。
d0045383_14354763.jpg


 
        
人気ブログランキングへ
  ↑↑↑ 一日一回ポチッと押してください↑↑↑
    

by je2luz | 2014-01-01 14:36 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/20176299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 二日は中休み?      熊野の旅 2014年が来ました >>