LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 30日

熊野の旅 光通信網と田舎

 国が光通信網を全国に張り巡らせる5カ年計画とやらを始めて5年以上なんでしょうね。
 そして、その後で全世帯に光を引き込むという計画でした。
 壮大というか大風呂敷というか・・・
 光の幹線が我が家の傍の路地を通って国道からNTT局舎に向かって入っていったのは随分前です。
 このブログを遡れば記事があるはずです。
 今は町中で矢鱈とバケット車がケーブル工事をやって居ます。
 そして、勧誘も盛んにやられています。
 NTTが動く前にCATVの会社が年寄りをターゲットに「テレビと電話をまとめた得ですよ」と勧誘していました。
 
 この工事、国の方針でやったから田舎町まで来ていますが、採算は会わないでしょう。
 大正時代ぐらいからこつこつと積み上げてきた電話線と違い一気に広げるので経費も大変でしょう。
 大幅に減らしていた作業員も下請け会社を通じて大幅に増えているようです。
 でも、この大工事が終わって補修だけになったら又減らすのでしょうね。

 私が子供の頃には山間部で電気の無い家がありました。
 山の中の一軒家・・・
 全国に一杯あったようです。
 電気の無い不便さに重いが及ばず、同級生が学校から帰って石油ランプの火屋(ほや)を磨いているのがうらやましかったです。

 今でも電力会社の線から電柱一本で引き込みが出来ない時は電信柱を立てるのに負担金が要るなんて言われますね。
 そんな式で言えばファイバー網を全世帯にと言うのはどうなのでしょう?
 まだ強制では無いので良いですが、ポケベルなどのようにサービス打ち切りなどと言うのが始まったら大変です。
 余命数年の老人が住む一軒家・・・
 社会基盤の整備もド田舎では都会で考えられないことが一杯起きます。
 熊野市などはまだましな方だと思います。
 雪に埋もれて孤立することも無いですからね。
d0045383_10433827.jpg

 昭和32年新田・・・
 この時代になってようやく電気もほとんどの家に・・・
 でも、定額契約で40W一灯だけって家もありましたね。
 松下幸之助さんが考え出したのが二股ソケットだったとか・・・

     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

by je2luz | 2013-11-30 10:31 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/20042210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 12月もイベントが一...      熊野の旅 木本のお年寄りスナップ展 >>