人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 26日

熊野の旅 育生 どぶろく祭り はてどうする?

d0045383_2140643.jpg

 この写真がどぶろくが振る舞われ出したピークの頃の会場です。
 画面の右に少しだけ写っていない部分がありますが、こんな状態です。
 大勢居るように見えますが。これだけですし、今年は少し少なめです。
 市長も県会議員も市議会議員の一部も来場しています。
 テレビ局も各新聞社も取材に来ています。
 マスコミ向けは結構良いお祭りなんです。
 でも、客は来ない・・・
 まあ、村祭りですからこれで良いとも言えるのですが、主催者も張り合いが無くなってくるでしょう。
 熊野市の中心から遠いですからシャトルバスを出してもほんの少し運ぶだけでコスト的にも無理でしょう。

 この23日には井戸町の祭り・大馬神社八幡様もありました。
 こちらは井戸町全域の各町内が参加しますから、見物人というか参加者は多いです。
 他にも市内ではスポーツ大会とかもあったはずです。
 とにかく祭とイベントの連続ですから、「見物人」はお祭り気分には成れなくなってしまいます。
 よそからの観光客などこれくらいの物では呼べませんからね。
 村祭りにして楽しむには在の人が減りすぎたし・・・
 非常に難しいです。

 「どぶろく祭り」は完全に「文化財」ですけど・・・
 「どぶろく仕込み」を助成しても・・・

 熊野市ふるさと公社のやって居る「どぶろく作り」とは全く別の物で、神社ののどぶろくは販売など前提にして認可の下りている物ではありません。
 熊野市でどぶろくの商品があっても育生の人の副業にはなりません。
 別の所・別枠で動かしちゃいましたからね。
d0045383_21591018.jpg

 観光化は無理でも、在の人の楽しみと生き甲斐を維持して行くことは大切です。
 この出店の用意している商品も少し減ったかな?
 テレビで一杯紹介されているし、終わってからとは言え新聞にも載るし・・・
 普通で言う「情報発信」てえのは一応出来ては居るでしょう。
 市レベルでの宣伝は少ないですけどね。

 はてさて・・・
 中心部のイベントでも飽きられちゃっているのに・・・
 そして、そちらは回数が増えることがあっても減らないし・・・
 熊野市の人口は毎年500人ほど減り続けるし・・・
 あと10年もするとこうした小さな集落が・・・
 難しいです。

     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

by je2luz | 2013-11-26 00:20 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/20025064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 祭と子供      熊野の旅 育生 どぶろく祭り ... >>