LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 23日

熊野の旅 台風12号関連水害の後遺症

 今、「清流」の配布中なので、住宅のある場所を一杯歩きます。
 今日現在で2.974部配布しました。
 木本と井戸は石段の上とか以外はほぼカバーしました。
 こうして歩いていると、色んな発見があります。
 家の影に隠れた小さな借家とか・・・
 一軒だと思っていたら棟割りだったり・・・
 かと思えば表と裏の両方にポストがあったり・・・

 そんな中で、熊野では空き家がどんどん増えています。
 人口が減っているのですから当然です。
 おじいちゃんやおばあちゃんが一人で住んでいた家は空き家になってもそのままになります。
 まあ、そこまでは良いのですが・・・
 井戸町内では、水害に遭った地域のアパートが一杯空いています。
 持ち家は次の水害を恐れつつも簡単には引っ越せないのであまり空き家になりませんが、アパートは引っ越せますから、一杯空いてくるのです。
 古い木造の平屋建て借家はかなりの率で空き家です。
 これは水害の二次被害で救済の道がありません。
 老後の収入を目的に建てた物もあるでしょうね。
 それで無くてもそうした借家は空きが増えているのにねえ。
 数少ない若い層は所帯を構える時にそこそこ選べる状態ですね。

 熊野は以前からアパートの家賃が高いところです。
 不思議なほどに土地が高いですし、アパートの建築費なんて田舎だからってそんなに安くはならないですしね。

 豪雨の浸水でこれなのですから、津波対策なんて考えたら今の住宅街は全域危険地区とも言えますからね。
 高台移転なんて言っても、最早、高台へ新しい家を構える歳ではない人が多すぎますね。
 私なども、この年で高台に行くなら公営アパートでしょうね。

 高台のアパート・・・
 「雇用促進住宅・松の木団地」は空き家作戦で事実上新規の入居はありませんね。
 眺めは良いし、山の上だから水害も津波も無いし・・・
 昔通りの入居基準だと私のような歳で無職は駄目ですね。
d0045383_1825768.jpg

 この下の大馬神社・・・遙拝所でさえ大水が入ったのですから、井戸地内はいつ浸かるか分からなくなっています。

     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

by je2luz | 2013-11-23 18:29 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/20016431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 良かった なんとかな...      熊野の旅 花火には罪は無い?? >>