人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 14日

熊野の旅 熊野市の立地条件と防災 清流21号より

 清流21号が出来て昨日から配布を始めたのですが・・・
 夜中の配布は寒くて出来ませんでした。
 夕涼みがてらにはいくら木本でも寒すぎます。
 体は冬になれていないし・・・

熊野市の立地条件と防災
 熊野市は東南海・南海トラフ地震の震源地のすぐそばに位置しています。地震発生から津波の来襲まで最短4分とも言われます。恐ろしいことです。
 巨大地震は1分どころか3分ほども揺れることがあるそうですから、残り時間は・・・
 そうなのです、東北でも30分とかの所が多かったですし、今回でも大都市は1時間とかの余裕があるのですが、この辺では揺れ終わってから逃げるまでの時間がごく短いのです。
 だから、避難場所は身近に無いといけません。内容完備のものよりは数が必要です。生き延びるためですからね。
 芝園の避難タワーのように一箇所で2年も掛かっていたのでは間に合わないのは誰が考えても分かると思います。
 地域からの要望をどんどん出さないと解って貰えませんよ。
 緊急事態ですから。避難所ごとの水の備蓄だなんだは後で良いと思います。
 生き延びればなんとかなるものです。
 集会場や商工会議所など公共的な施設の下駄履き化などで用地の確保と図って時間短縮の必要があるでしょう。
 もう一つ、有馬から南の丘陵地帯には活断層があるとされています。
 建設予定の高速道路も問題になりますし。紀南病院もその断層の上や傍にあるのです。
 病院や国道事務所には申し入れてはいますが、今後も見守らなくてはなりません。
「命の」なんて冠の施設が大丈夫なのか・・・
d0045383_9582.jpg

 大きな問題なのですが、熊野市は海岸線と山間部があるので、この話題も山間部では興味が薄いようです。
 無理も無いのですが、回数は少なくても買い物に来るスーパーもホームセンターも・・・そして医者もこの危険地区にあるんです。
 いつも居る人以上に施設や誘導がきちんとしていないと危ないんですけどねえ・・・

     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

by je2luz | 2013-11-14 09:08 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/19958931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 文化財を破壊しイタ飯...      熊野の旅 堤防工事と埋没物 >>