人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 11日

熊野の旅 木本海岸堤防 2

 木本海岸堤防の構造に関する資料ってあまり無いのかなと思います。
 県土木が今回の新堤防の工事でも旧堤防を壊した後に出てきた石組みの旧旧旧堤防は想定外だったようです。
 一部では少しばかり荒っぽい石組みがあったのは戦時中や戦後すぐの部分だったのでしょう。
 しかし、基本的にはきっちりくみ上げられていて、取り壊すのが大変なものでした。
 従って、それを取り壊して土砂に代える方が遙かに強度が劣るので設計変更で石組みを残してコンクリートで巻いてしまいました。
 その承認も私が住民代表?でやったことになります。
 私もこの石組みの階段部分の記憶はほとんどありません。
d0045383_2124368.jpg

 この部分が新堤防の後半分の芯になっています。
 志原や阿田和で壊された堤防に比べて全く違う強固なものです。
 今流の土木工事では無いのですけどね。
 
 きちんと組まれた「石垣」ってものすごく強いですよね。
 陸の堤防は水に溶かされることは無いですが、コンクリートって簡単に痩せちゃいます。
 劣化もします。
 それに比重が違うので目方が違いますね。
 波の衝撃に対する耐久性の違うはずです。

 この新堤防がどこまでの衝撃に耐えるか・・・
 そして、津波が越えた時に裏側に落下する水流で地面がえぐられることにどれだけ耐えてくれるか・・・
 そんな事があっては困るのですが、当初設計よりほんの少しですがそちらのコンクリートも厚くしてもらって居ます。
 誰にも知られない部分ですが、私としては最善を尽くしたつもりです。

 何事も無かったらそれで良し・・・
 壊れなかったらなぜかとも考えられず・・・
 それで良いじゃありませんか・・・
 それが防災なんですから・・・
 設計変更に応じてくれた県土木の人の名前も残りませんけどね。

 で・・・
 羽市木・口有馬・・・
 手詰まりです。
 心配していた同僚・岩本議員も居ませんし・・・
 堤防の高さが、「バスから海が見えなくなる」なんて理由で低くなっちゃったなんて知る人もいなくなりました。
 住民の安全より観光・・・今の市長だけじゃ無かったのです。
 行政って何???????
 
     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

by je2luz | 2013-11-11 00:08 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/19944959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 木本海岸堤防 3 ing      熊野の旅 木本海岸堤防 1 >>