LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 07日

熊野の旅 月例 広報くまの11月号より

 今月も配達されてきました。
 今月号の目玉記事は「矢ノ川峠の歴史」という特集ですね。
 時代が時代なので当然のように白黒写真が並びますけどね。
 主役は「国鉄バス紀南線」です。
 廃止から、もう54年も経つんですね。
 矢ノ川越えのバスで尾鷲に越えた記憶があるのは私のすぐ下くらいまででしょうね。
 大体、その時代に国鉄紀南線のバスを使い、紀勢東線の蒸気機関車で引っ張る汽車で名古屋や東京に向かう人は少なかったですからね。
 この辺の人は紀勢西線で天王寺に出ていました。
 経済的にも仕入れはほぼ全部大阪でしたね。
 電気も関西電力、電話も西側・・・行政は三重県所属でも地形的に西に向いて生活していたのです。
 808mの矢ノ川峠はきつかったのです。

 人の動き  平成25年10月1日現在
     人口   18.730   (3)
      男     8.568  (-8)
      女    10.162  (11)
    世帯数    9.469  (-1)

 珍しく人口がプラスです。
 世帯数が減っているのに・・・
 締め日は違いますが「お誕生」に名前が出ているのが8人、「おくやみ」は20人です。
 自然減が確実に進んでいますね。
 東京ともそうなるみたいで・・・
 それでも巨大ビルを建てる・・・
 熊野市長だけじゃ無いんですね。
 箱物好きは・・・
d0045383_10331351.jpg


     ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

by je2luz | 2013-11-07 10:35 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/19930963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 勤労感謝の日 どぶろ...      熊野の旅 浜が太っている >>