LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 13日

熊野の旅 世界遺産指定10周年

 来年は「紀伊山地の霊場とその参詣道」がユネスコ世界文化遺産に指定されて10年だそうです。
 この指定は当時の三重県知事「北川正恭」現早大教授が奈良・和歌山を巻き込んだ三県サミットで提唱し、実現させた物です。
 いかんせん、三重県だけでは目玉がありませんからね。
 大峰山・高野山・熊野三山、目玉はよその県ですからね。
 三重県側は江戸時代以降に盛んになった関東からの庶民の熊野詣の道ですから、途中に大きなお寺もないのです。
 貧乏な百姓さんなどの巡礼ですから、道すがらには行き倒れの供養塔がある程度…
 宿場も整備された街道のものでは無く、ちょいと名の知れたのは「善根宿」なんて無料の宿泊所…
 世界遺産になってもやっぱり目玉はありません。
 お賽銭は奈良県と和歌山県で供えられます。
 仕方ないですね。
 平安時代から整備の始まった「熊野街道」は和歌山県ですからね。

 世界遺産と観光客の動向なんてのが少し前に報じられていましたが、指定の後では増えるけど、年々減っていって元に戻るとか…
 そうでしょう、ユネスコが持て余すほど世界中から申請があるし、日本など放って置けばいくらでも申請するのですからね。
 竹下さんの「ふるさと創生基金」で温泉が増えすぎて、「温泉があって当たり前、無かったら論外」になったような物でしょう。
 人の噂も49日…

 でも、地元はそれにすがらなくっちゃあ…
 だから、来年度予算には便乗イベントなどが並ぶんでしょうね。
 どうせ赤字なら「善根宿」でも復活させたら???

 そうそう…
 高速道路が開通しますから、「高速道路開通一億円キャンペーン」がどんどん行われますよ。
 そろそろ、毎月第四土曜日に花火が揚がります。
 これは、観光客増加のためですから、よその人に見て貰わなくては金の無駄遣いになります。
 NETなどでこれが話題になっていないようだし、熊野市関連のHPとかにもまともに取り上げられていないように思います。
 批判的にしろ私が一番熱心に取り上げているのかも知れませんね。
 いつ開始なのかは私も知りません。
 一回目が終わったら、ローカル紙に写真入りで載るでしょう。
 それでは後の祭り…
 でも、沢山の観光客が見たことになるのでしょうね。
d0045383_12461467.jpg


   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2013-09-13 12:48 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/19647183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 多分危ない…大泊交差点      熊野の旅 本日オンエア 午前9時より >>