人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 01日

熊野の旅 長く掛かる土木工事 かなり不思議

 土木工事では構想から完成まで長く掛かる物があります。
 ダム工事なんてのでは一杯あります。
 隣、奈良県の「大滝ダム」なんてのはその典型でしょう。
 着工が1962年?、完成が2012年?
 その前に準備期間があったし…
 用地買収の難航、挙げ句の果ては地質調査の不備での地滑りなどで半世紀以上掛かっちゃった物です。
 そんなのが全国でごろごろ…

 ダムじゃないのでそんなには掛からないのですが、国道の歩道工事でほんの200mほどを何年も掛けてやって居るのがあります。
 写真の物です。
 国道42号線大泊と木本の境部分…
 熊野市の作る鬼ヶ城第二駐車場と鬼ヶ城を結ぶ歩道です。
 第二駐車場には団体バスが止まるのだとか…
 でも、鬼ヶ城センターの時の説明では、こんな距離をお客さんに歩かせる訳には行かないので、鬼ヶ城の駐車場で降りて貰って、バスだけ回送する…んだそうです。
 じゃあ、誰が歩くの???
d0045383_7463417.jpg

 写真には立派な建物が写っています。
 ホテルと食堂です。
 市長の親族が経営する物です。
 あの建物の隣に市の駐車場が出来ます。
 別に便利をはかる訳でもなし、法的に問題がある訳ではありません。
 そこの看板が普通は許可が出にくいところにあるという声もありますが、許可を貰ったのならこれも法的には問題ないでしょう。
 この歩道の建設もホテルには迷惑を掛けるだけだそうです。

 それは良いにしても、この歩道の工事、もう何年もやって居ます。
 全くやらないのでは無く、チョコチョコやって居たようですが、二年なんて話じゃないですね。
 毎年入札やって居る風でも無し…
 国道の歩道なので市の建設課なんて関係ないことです。
 なぜこんなに掛かっているのかなんて分かりませんし、出来なくっても市民には関係ない工事です。
 古道ハイカー用の歩道は山側にありますし…
 そして、こんなとこ歩く市民は居ないし…
 誰がアイデアを出したのかも私は知りません。
 とにかく、用地買収とか関係ないのに出来なかったことだけが目に付きます。
 ここへ来て、クレーンなどやってきたのですから、仕上げる気になったのでしょうか?
 
 海の見える部分の山は「魚付き林」と言って、樹木の伐採が禁止されているところが多いです。
 ここもごらんのように海に面しているし、鬼ヶ城からも見える磯です。
 以前は磯の上に木が生えていたのですが、きれいさっぱり伐採してコンクリートで固められました。
 ホテルの敷地はすっきりしたでしょう。
 「魚付き林」では無かったそうですから自由なんです。
 国立公園の保護対象でもなかったのでしょう。
 木本港の岩壁まで色を塗らされたほど国立公園はうるさいのですけどね。
 だから、合法は合法なんでしょう。
 私にはそれしか言えません。
 だって、違法性がないのですからね。
 そして、親族の会社でも役員でもないようですし…


   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2013-09-01 07:46 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/19575513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 防災訓練 上陸用舟艇...      熊野の旅 高速道路 >>