LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 22日

熊野の旅 9月1日 防災訓練 1

 今年の防災の日は日曜日です。
 この日って、「関東大震災」の日なんですよね。

 今年の熊野市の防災訓練はこの日に行われます。
 昨年は山崎運動公園で行いましたが、あそこは避難所には出来ない、海抜も低く、津波はもちろん豪雨の時でも水に浸かっちゃう場所です。
 そんな所に訓練とは言え避難する人を集める、まさに、ショーのための防災訓練でした。
 確かにへりも降りられるし、場所も広いし…
 でも、どこかおかしいですよね。

 今年は会場を木本小学校と新鹿小中学校になっています。
 今年は紀南医師会も参加してトリアージや救護が行われるようです。
 珍しい物としては自衛隊の「上陸用舟艇」が参加して木本の浜へ車両の陸揚げをするようでです。
 昔の「ダイハツ。大発動艇」とは違い、ホーバークラフトだと思います。
 七里御浜はこうした上陸用舟艇には向いた海岸です。
 七里御浜は四駆でも重い車両は苦手な砂利浜です。
 どんな車両を用意しているのやら…
 こうした海岸では救援物資の陸揚げには有効でしょう。
 でも、「海兵隊」を作るとか言うタイミングで持ってくるのは、どうもすっきりしませんね。
 悪いことに、制服組とか武器とかはみれが格好良いですから、市民は流されちゃいます。

 と言いつつ…
 多分、上陸用舟艇の写真は撮るでしょうね。
 防災訓練をサボっても、家に居れば花火同様屋根からでも写真が撮れるのですから…
 この上陸用舟艇の母艦は輸送艦「しもきた」だそうです。

 こんなに上陸しよいのに、太平洋戦争では米軍も上陸する気はさらさら無く、日本軍も護る気の無かった海岸なんです。
 防災面でも国レベルでは後回しになる率が高いですね。
 住民の生命以外には、工場も無し、道路が止まっても国の流通に触るような物でも無し…
 それでも、住民は生き延びなくては話になりません。

 当然ヘリコプターも来るし、賑やかだと思います。
 どれだけの住民が参加するかわかりません。
 せめて、我が町内向けにビラを作って配布しましょうかね。
 指示は来ていませんけど…

 今日の議会の全員協議会で当局に対し、機材の設営とか交信訓練はきちんと実体の伴う物にして欲しいと要望しておきました。
 今までの訓練では衛星通信のパラボラがあらぬ方向を向いていたり、何も入感しない通信が聞こえたかごとく、災害本部長の市長に報告されたりを目撃してきましたからね。
 こんなのが全国でまかり通っているのです。
 地形が複雑ゆえに実態を普段から把握していないと駄目なんです。
 場所が木本小学校ならそこそこ大丈夫です。
 これが木本高校だったら…
 洪水や津波で浸水するし、電波は届かないし…
d0045383_8224712.jpg



   ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2013-08-22 08:22 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/19508895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 乗り合いタクシーが走...      熊野の旅 北海道ではサンマ漁 ... >>