LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 06日

熊野の旅 第一次熊野市総合計画後期 2

 「第一次熊野市総合計画・後期基本計画」には平成12年くらいからの熊野市の数字的な推移が色々載せられています。
 私がずっと載せてきた人口動態なども当然載っています。
 そして、そうした悲しい数字の中で、「所得の推移・一人あたり」なんてのもあります。
 先々代の市長。坪田さんも嘆いていたことですが、この地方の所得は全国で最低レベルなのです。
 三重県は県北の方に四日市などの工業地帯と都市部のベッドタウンになって居る関係で一人あたりの所得は、全国平均より少し高いのです。
 しかし、そうした三重県の中で熊野市はその平均を大幅に下回る数字がずっと続いています。
 平成20年の数字が出ていますが…
   全国平均   2.729.000円
   三重県平均 2.829.000円
   熊野市平均 1.986.000円
 何ともものすごい格差なんです。
 林業・漁業が駄目で、農業も「業」と言える規模の世帯が無いに等しいのですから当然でしょう。
 今後は労働人口の割合がどんどん下がりますから、更に下がるし、年金も「国民年金」の比率が大きいですから、全国との差は開くでしょう。

 「時代の潮流」という項目に・・・
  「インターネットの活用と国際的な視野の必要性の高まり」  なんてのが入っています。
 私が何度となく提言したりしている項目について、ほとんど理解しないのに、まさに「時代の潮流だから…」と、こんな項目を作ってお茶を濁しています。
 数年前に入ってきている「光通信」もその事実を知らず…
 NTT局舎から外に出す工事が始まってもその事実を担当部署は知らず…
 NETのアクセスポイントの設置もせず、意味も分からず…
 市役所庁舎内のLANも天下一品遅いままで放置…
 かつて、この地方は交通面で「陸の孤島」と呼ばれました。
 情報通信という面では今も世界の僻地状態です。
 何しろ、国が進めている「光通信を全戸に…」という最終年度が近づいているはずなのに、市の中心部でも光が使えません。
 光が絶対とは思いませんが選択肢にもならないようではねえ…

 市の組織に、こうした意識の遅れが出るのは…
 組織が硬直しているからでしょうね。
 若手職員からの提言や突き上げを汲み取る土壌が無いのでしょう。
 一般質問などしても、必死に言い逃れるだけで、その後の調査や改善を図る気がなさそうです。
 まあ…
 「この分野は分からないのでパスします」とは総合計画には書けないでしょうけどね。

 タブレットや携帯からの食料品・日用品通販を提言しても検討すらしませんね。 
 「民間業者との連携は…」などとやれない理由は聞きました。
 表紙に踊る、「市民が主役」という文字がかすれて見えることが一杯です。
d0045383_9313080.jpg


  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です

by je2luz | 2013-07-06 09:32 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/19196831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 月例 広報くまの 7...      熊野の旅 新出町稲荷・夏祭り >>