人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 02日

熊野の旅 南北問題

 「南北問題」と言っても、世界情勢とか隣の半島の問題ではありません。
 南北問題は三重県でもあります。
 三重県は南北に長いですし、昔の藩も違うし、藩が違うくらいですから言葉や習慣も違います。
 県の北部は平野もあり、桑名・四日市・鈴鹿など工業地帯もあります。
 農業でも伊勢平野などの広い水田地帯もあります。
 伊勢湾の中になるので「港」もあります。
 つまり、経済的に見ても、、県北の方が優位に立つのです。
 交通面でも名古屋は通勤圏内、名張など場所によっては大阪も通勤圏内ですし、新幹線や飛行機も手の届くところですね。
 道路も東名阪とか経由で日本のど真ん中的な位置です。
 それに引き替え県南は…

 人口でも県北に偏っています。
 南の方で少し大木なのは伊勢市だけですからね。
 衆議院の選挙区で言えば、三重県5区と言うことですが、三重県の真ん中辺から南の端までひっくるめてひとくくりなんです。
 南牟婁郡、熊野市、尾鷲市、北牟婁郡…旧紀州藩合わせても8万人には届きませんからね。
 と言うことで…
 国政選挙があってもこの地方は静かです。
 衆議院の場合は選挙区が狭いですが、それでも静かなのに、参議院となると…
 仕方ないですね。
 全国には候補者が一度も訪れない島とか一杯あるようですからね。
 選挙カーは来なくて良いですけどねえ…

 これで、大都市的発想の「道州制」が敷かれたら…
 今騒いでいる連中の頭には「田舎」なんて無いですからね。
 まあ、昔からそんなものだったようですね。
 江戸時代でも、米と人材の供給源…
 明治以降も同じでしたが、最早、その米も人材も送り出せなくなってきました。
 存在価値は???
 酸素の供給???
 電力の少し送り出しては居ますけどね。
 一杯ある材木は買ってもくれないし…
d0045383_822234.jpg


  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です

by je2luz | 2013-07-02 08:22 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/19139214
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 男性型・女性型      熊野の旅 亀齢橋 >>