人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 22日

熊野の旅 水不足解消

 梅雨前線と台風4号という、余りよろしくない組み合わせでしたが、ここ熊野では普通程度の雨でした。
 増水で川が一杯になるほどのことも無し、県道は止めましたが国道を止めるほどでも無かったのです。
 風もほとんど吹かず…
 農家にとってはありがたい雨になりました。
 紀伊半島でも、やや西方向の斜面ではかなり降ったようですけど…
 短時間では無くじっくり降ったので土深くまでしみこんだと思いますからしばらくは水不足にはならないでしょう。
 この辺の水道はダムでは無く、伏流水になりますから、じっくりしみこまないと駄目なんです。
 その代わり、山が深く多雨地帯なので渇水には強いです。
 平地も少なく人口の少ないからバランスが取れているのですけどね。
 熊野の人口が10万もあったら、電源開発が持っている水利権をそっくり返して貰わないと駄目です。

 熊野市の給水目標は5万人くらいのはずです。
 実質は2万人を切っていますから余裕があります。
 盆と正月の帰省客の多い時の人口が3万以上と言われていましたが。その数も減少しているようです。
 熊野市の水消費のピークは「熊野大花火大会」の日ですね。
 主催者発表の20万人は居ないでしょうけど、10万に近い人間が一時的に増えますから、渇水とぶつかると綱渡りになります。
 それでも、あらかじめ仕込んだ弁当を食べ、ペットボトルの飲み物を飲むみ、仮説と居てで用を足すのですから、水道への負荷は思うほどでも無いのですね。

 今は上水道の水源も複数確保されていますが、昭和40年頃までは、「木本水源」の西郷川上流の表流水だけで賄っていたので、花火の日などはまともに水が出ませんでした。
 上水道は木本町だけに給水していたのだし、花火も「木本の花火」だったのですけどね。
 一昨年の水害を受けて、井戸に新しい水源も確保されることになって居ますから飲料水は当分大丈夫でしょう。
d0045383_9384272.jpg


 と、言いつつも、一昨年の台風12号関連水害の被害は上水道を含めまだ完全復旧には至っておりません。
 道路なども工事中ですし、傷跡が消えるのは何時の事やら判りませんね。
 それでも、人的被害の出ないほど雨には強いと言うことです。
 本来、人が住んではいけないところに家が建ってしまいましたが、よそに比べればそんな所は少ないです。
 昭和30年代頃から人口が減り続けたので乱開発も無かったのです。

  ブログ村参加しました。 ポッチ よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

    
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2013-06-22 09:44 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/19031505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 今夜の月      熊野の旅 これは少し勧められるかな? >>