人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 03日

熊野の旅 本日6月定例会開会日 議題

 先ほど熊野市議会6月定例会の初日が終わりました。
 6月というのは新年度が始まったばかりなので、あまり大きな議題は出ません。
 国の法律改正に伴う条例整備で、4月1日に間に合うように上がらなかった物とか、昨年度内に終わらなかった事業を繰り越す手続きとかになります。
 あとは、外郭団体の決算の報告になります。

 熊野市には昔作った「熊野市土地開発公社」などと言う物がありますが、市の事業のための土地確保を先行して行うのが目的の物で、今は出番が無いです。
 全国的に先行取得した土地が塩漬けになって利息ばかりが嵩み、土地の値段を押し上げて問題になった組織です。
 かつて熊野市でも高島屋系列の持っていた井内浦と金山の土地を公社で買い取りました。
 そのすぐ後で、公社所有では原発阻止にも市民の手が届きにくいし、取り敢えず使うものでも無いので土地評価額の上昇も起きますから、「普通財産」として市に購入するよう要求し、買い取らせました。
 やって居なかったら、当然のように林野のような土地が上がり続けていたでしょうね。
 と、言うことで、これの決算は事業0、所有土地0で問題ありません。
 存続させるかどうかという問題はありますけど…
 使い方では便利な組織なんですけどね。

 「財団法人紀和町ふるさと公社」は今年4月1日から法人格が変わり「一般財団法人・熊野市ふるさと振興公社」となっています。
 「紀和町ふるさと公社」としての最後の決算報告です。
 「報告」なので、疑問点に対しての質疑は出来ますが、本会議の不便さで質疑は通告した人だけ、それも「二往復」という制限があり、否決なんてありません。
 理事会では無いので仕方ありませんが、こうした理事会はお手盛り???
 永遠に赤字が予想され、熊野市や三重県の補助金と委託料で収支のつじつまを合わせ続けています。
 市民には全くと言って良いほど知られていませんね。
 まあ、この図式は国に始まって市町村まで全国で見られます。
 そして、市民も本当の意味の関心は持ちませんね。
 これについては少し質疑を予定しています。
 14日くらいの本会議で行うことになると思いますが時間など未定です。
 今はNET中継がありますからどこからでも見られます。
 予測が出来るようになれば載せます。

 もう一つ「有限会社熊野市観光公社」は何度か取り上げている外郭団体で、資本金300万円なのに熊野市のかなりの部分を動かしています。
 100%熊野市の出資…でも、市民は何も言えない…
 これも、「決算の報告」です。
 上同様、まあ、質問するしか無い状態です。
 なにしろ、普通法人・有限会社ですからね。
 ただ、この決算関係の書類は「観光スポーツ交流課」の窓口で一般の人でも閲覧できるようになって居ます。
 昔の在職当時に職員と一緒に書き上げた公開条例が機能しています。
 外郭の物であっても市に上がってきた書類は原則公開です。
 市長は交代していますがそこは変更なって居ませんね。
 ただ・・・
 ほとんど見に来ないし公開請求も無いようです。
d0045383_113239100.jpg


    
熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2013-06-03 08:28 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/18896758
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 オーソレミーオ? 新...      熊野の旅 飛鳥神社 四本杉まつり >>